近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

今日は何の日?~世界手洗いの日(Global Handwashing Day)~

2013年10月15日

こんにちは。BOSTです。

今日、10月15日は世界手洗いの日(Global Handwashing Day)。
UNICEF・世界銀行などからなる
「せっけんを使った手洗いのための官民パートナーシップ」が
2008年から実施しているんだって。
感染症の予防のため、石鹸を使った正しい手洗いの方法を
広めるための活動が世界各国でおこなわれるよ。

これからインフルエンザなどの感染症が流行る季節だから、
感染予防に手洗いやうがいは特に重要になってくるね。
NOW PRINTING
ところで、みんなは正しい手洗いができているかな?

まず、手を洗うタイミングが大切で、「トイレのあと」
「ごはんを食べるまえ」「料理を作るまえ」「外出からもどったら」
「動物をさわったあと」などが手を洗うタイミングだね。
それから、汚れを残さずにしっかり洗うことが大切!
泡立てたせっけんで、指の間や爪の間、手首も忘れずに洗おう。
洗い残しが多い部分は、親指まわり・指先・しわ・指の間・
爪・手首だよ。
きれいに洗ったあとは、清潔なタオルでしっかり拭いてね。

NOW PRINTING
近畿大学 生物理工学部 食品安全工学科の石井營次先生は、
オープンキャンパスのイベントや大学見学会などで
きちんと手が洗えているかをチェックする体験実習をしているよ。
実はこの体験、ある液を手につけて、光をあてると
洗い残しの部分が光って目に見えるんだ!
毎回、こんなに汚れが残っているんだと驚きの声があがるんだ。
手洗いの意識が高まれば、食中毒予防や感染症対策につながるね!
みんなもチャンスがあったら、ぜひ体験してみてね。

正しい手洗いで、この冬も元気に過ごそう!!
NOW PRINTING