近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

おいしい実り♪

2013年9月18日

こんにちは。BOSTです。

生物理工学部がある和歌山キャンパスは、
今日も、青空が広がってとっても爽やかな秋風が
吹いていたよ!
お散歩に出かけたんだけれど、途中で何かを踏んじゃった・・・
なんだろコレ!?

足元を見るとそこには「ぎんなん」の実が落ちていたよ。
キャンパスにはイチョウの木がたくさんあるから、
毎年、実るんだ~(・∀・*)
NOW PRINTING
イチョウは、雌雄異株(しゆういしゅ)だから、
雄木と雌木があるんだよ。
雄雌の両方の木がないと、実がならないんだ。

写真の実の黄色い部分は外種皮(がいしゅひ)と言って、
プ~ンと臭い匂いがするよ。
この中に、みんながよく知っている「ぎんなん」が
入っているんだ~。
コレを取り出すには、外種皮を取り除く下処理を
しないといけないよ。
おいしい「ぎんなん」を食べるには、大変な作業を
しないといけないんだね。
NOW PRINTING

イチョウが黄葉していくようすも、とっても楽しみに
しているんだぁ。
みんなも、10月6日(日)の
近畿大学 生物理工学部オープンキャンパスに来たときは、
ぜひ秋のキャンパスの風景も眺めてみてね!

open campus2013秋
くわしくはここをクリック!