近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

「かりん」のはなし

2013年9月5日

こんにちは。BOSTです。

生物理工学部がある近畿大学 和歌山キャンパスで、
秋に実る果実をよく見かけるようになりました。

そのひとつが「かりん」。
「かりん」という植物は、マメ科のものと
バラ科のものがあって、同じ名前だけれど全くの別種なんだ。
今回、紹介するのはバラ科の「かりん」だよ。

「かりん」は、果実を砂糖漬けや果実酒などに加工して
NOW PRINTING
利用されているよ。
かりんの果実に含まれる成分は、「せき」や「たん」など
喉の炎症に効くとされているんだ。

今は、若い果実なので緑色だけれど、熟せばもう少し黄色くなるよ。
葉も紅葉してきれいなんだぁ(・∀・*)
きれいな秋の景色、今から楽しみだなぁ♪
NOW PRINTING