近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

暑さに負けずにきれいに咲いたよ!

2013年7月27日

こんにちは。BOSTです。

夏本番で、暑い日が続いているね。
そんな暑い季節に開花するきれいな花が
今年も、キャンパスの中庭で きれいに咲いたよ!

みんなは、夏の花と言えば、どんな花を知っているかな?
ひまわり、あさがお、ハイビスカスなどが、
みんながよく知っている花かな(・∀・)

ぼくが今回、レポートするのは「ムクゲ」という花!
NOW PRINTING
知っているかな?
生物理工学部がある和歌山キャンパスの「ムクゲ」は
八重咲きでとってもきれいなんだよ(´▽`*)
庭木にもよく植栽されていて、
夏に茶室の生け花として使われる花でもあるんだ。
さらに、花が次々と開花して絶えないことから、
繁栄を意味する花として韓国の国花でもあるよ。

「ムクゲ」の樹皮を乾燥すると、抗菌作用があって、
「木槿皮(もくきんぴ)という生薬として、
胃腸薬や水虫薬などに使われるんだって。

植物のパワーってすごいね!
生物理工学部では、植物のパワーを使った
研究・開発を行っているよ。
たとえば、人体に有毒なホルムアルデヒドなどの
シックハウスガスを食べる植物「シロイヌナズナ」の
研究を行っているよ!
みんなも一緒に植物のパワーについて研究してみない!?

open campus2013 summer
くわしくはここをクリック!

NOW PRINTING