近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

雨が降った後に

2013年6月26日

こんにちは。BOSTです。

今日は日本各地で雨が降っているみたいだね。
生物理工学部がある和歌山キャンパスでも
朝から雨が降っているよ。
ところで雨が降った後に、山間のようすを見たことあるかな?
ちょっぴり神秘的な現象が見られるよ!

雨が降って地面に含まれた水分が水蒸気となって
空にのぼっていくときに、山が雲に包まれたように見えるんだ。
いつも見ている景色と違って神秘的~。
NOW PRINTING

空にのぼった水蒸気は、やがて温度の低い上空で冷やされて
小さい水の粒や、氷の粒になって、集まったものが雲だよ。
雲の中では、小さな水の粒や氷の粒がくっついて、
大きくなって重たくなると、また雨となって地面に
落ちてくるというサイクルだから、
今日ぼくが見た水蒸気も、いつか雨になって降ってくるんだね。
なんだか不思議だな~。

みんなも雨の日の景色、楽しんでみてね♪
NOW PRINTING