近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

「第17回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」開催!

2013年6月3日

こんにちは。BOSTです。

先日、和歌山県田辺市の和歌山県立情報交流センターBig-Uで
「第17回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」が
開催されたよ。
近畿大学 生物理工学部はシンポジウムの主催者団体のひとつで、
電算機センターが中心となって、システム生命科学科の吉田教授、
小濱准教授、医用工学科の加藤准教授、それに先生方の研究室の
学生たちが実行委員やスタッフとして企画と運営に
加わっているんだよ。
NOW PRINTING
このシンポジウムは、1996年に、
和歌山県警の統合ネットワーク整備事業の着手を機に、
コンピュータ・ネットワーク犯罪やセキュリティ技術に関する
情報交換を目的として準備されたんだ。

情報セキュリティの専門家が講演してくれる
とっても魅力的なシンポジウムなんだ。
FBI、米国国家安全保障局から
講演者をお招きしたこともあるんだって。
NOW PRINTING
同時に開催されている「危機管理コンテスト」では、
情報セキュリティに興味のある全国の大学や専門学校の
学生さんたちの腕試しの場として、
実践的に情報セキュリティのハプニングへの
対応力をチームで競うんだ。
優勝者には、経済産業大臣賞が授与されるよ!
すごいね~(。・ω・。)

パソコンや携帯電話が身近にあって、当たり前の時代。
情報セキュリティは、とっても重要なことだから、
よりよい未来づくりのためにも、
最新の技術を駆使して考えていかないといけないね。
NOW PRINTING