近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

真っ赤なブラシ!?

2013年5月29日

こんにちは。BOSTです。

近畿地方は、昨日から梅雨入りしたね。
生物理工学部がある和歌山キャンパスも、
蒸し暑い日が多くなってきました~。
夏の訪れが近づいてきているんだね。

今日は、キャンパスで真っ赤なブラシを見つけたよ!
でも、よく見てみると真っ赤な花だったんだ。
きれいだなぁ~(・∀・*)
NOW PRINTING
この木は「ブラシノキ」という名前だよ。
花の形が、コップを洗うブラシにそっくりだね(≧∇≦)
「ブラシノキ」は、実がなるんだけれど、
その実は何年も枝に残るんだ。
原産国のオーストラリアは乾燥地のため、
山火事が起こることがあるんだけれど、
「ブラシノキ」の実は、そのときを待って
実が割れ、種子を放出するんだ。

山火事でまっさらになった土地に
種子を放出して、すばやく芽を出し、
その土地一帯の優占種になるためと言われているよ。
植物って不思議なパワーを持っているね。

生物工学科では、
ゼニゴケの遺伝情報から種子植物の進化の過程を探るなど、
植物の不思議を研究しているよ!
みんなも植物のスゴイところを見つけて、研究してみない!?
NOW PRINTING