近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

アーチェリーの強い味方!人間工学から世界へ~サングラス共同開発~

2013年5月22日

こんにちは。BOSTです。

2012年ロンドンオリンピックの
アーチェリー男子個人銀メダリストで
生物理工学部職員の古川高晴さんが、
先日行われた、アーチェリーワールドカップ上海大会を終えて、
生物理工学部に帰ってきました~。
おかえりなさ~い(*´v`*)

古川さん、今回の大会はどうだった?
「今回の結果はあまり良くなく、
満足できるものではありませんでした。
でも、次の大会に目標を変え、今後も努力を続けていきます。」
NOW PRINTING
すでに次の目標に向けた、前向きで力強いコメントをもらいました。
みんなも古川さんの応援をこれからもよろしくお願いします!

古川さんが試合で最高のパフォーマンスが発揮できるよう、
こんなところでもバックアップがされているよ!
生物理工学部 人間工学科で「色」の研究をしている
片山一郎先生と、光学レンズ製造の山本光学株式会社さんが
協力して、スポーツ用サングラスを開発中なんだ。
アーチェリーの中心から黄、赤、青に色分けされた、
標的の色がはっきり見えるように研究・開発されているんだそう。
このことは、5月11日の新聞(スポーツニッポン)に掲載されたよ。

今回の上海大会から使用していて、これからより良いものに
なるように、さらに研究・開発が進められていくよ。
とっても楽しみだね!

古川さんのこれからの活躍を、ぼくも応援しているよ~!!
ファイトーーー!
NOW PRINTING