近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

今日は何の日?~飼育の日~

2013年4月19日

こんにちは。BOSTです。

今日、4月19日は「飼育の日」なんだって。
四(し)一(い)九(く)で「しいく」の語呂合わせになっているよ。
生物理工学部には、天王寺動物園の名誉園長である
宮下実先生がいるんだ。
宮下先生は、主にアライグマなどの外来種の生態を
研究されているよ。

今日が「飼育の日」ということなので、
宮下先生の研究室を訪ねて、飼育に関するエピソードを
NOW PRINTING
インタビューしてきました~。
研究室の入り口には、ライオンのレポートボックスがあって、
お部屋の中には、鹿の剥製や動物の置物などがたくさんあったよ。

宮下先生は、天王寺動物園の動物病院で獣医診療のかたわら
母親に育児放棄された、トラやライオンやヒョウの赤ちゃんに
ミルクを与えて育てられたんだそうです。
生後2ヶ月くらいまでは、人によく慣れるけれど、
野生動物なので大きくなるにつれて、野生本能が強くなり、
抱っこすることができなくなったんだって。
NOW PRINTING
トラの赤ちゃんを育てていた当時の貴重な写真を
お借りしてきました~。
わぁ、トラの赤ちゃんって、とってもかわいいね(w´ω`w)

生物理工学部では、最先端の研究に動物の力を借りているんだ。
だから、日ごろから動物たちに感謝の気持ちをもって、
学生さんたちが大切に飼育しているよ。
みんなのなかにも動物と一緒に暮らしている人がいるかな?
これからも愛情を持って飼育していこうね。
NOW PRINTING