近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

今日は何の日?~ミツバチの日~

2013年3月8日

こんにちは。BOSTです。

今日は、3月8日「3(みつ)8(ばち)」の日。
春~秋にかけて、花から花へ飛び回り、
蜜を集めているミツバチを見たことあるかな?
ミツバチは、すごい能力を持っているんだ。

ミツバチは集団で生活しているよね。
オスバチとメスバチの役割は違って、
普段、ぼくたちが目にする花の蜜を集めているのは、
働きバチと呼ばれるメスバチなんだ。
NOW PRINTING
生後2週間ほどすると、
巣の外へ花の蜜や花粉を集めに出るんだけれど、
このとき、花のありかを見つけた先頭部隊の働きバチは、
シッポを振りながら踊る「尻振りダンス」で、
花のありかを仲間に正確に教えるんだ。

ぐるぐると円を描く「円形ダンス」をするときは、
花が100m以内の近距離にあって、
数字の『8』を描く「8の字ダンス」をするときは、
花が100m以上離れた場所にあるんだ。
「8の字ダンス」は、8の字の真ん中の線と上からの垂直線の角度で、
太陽を目印にして巣と花を結ぶ角度を教えることもでき、
さらに、ダンスのテンポで花の距離まで
教えることができるんだって。
すごいコミュニケーション能力だね!

ダンスの意味を理解すれば、ぼくたちも花のある場所に
行けるほど正確なもの。
この、ミツバチの能力を発見したのは
ドイツのカール・フォン・フリッシュ博士で、
博士はこの功績で1973年にノーベル賞を受賞したんだ。

身近な生き物をよく観察すれば、
すごい能力の発見があるかもしれないね!
生物理工学部では、生き物のすごいところからヒントをもらって、
モノづくりに生かせる研究を行っているよ!
1月9日のブログでも紹介したけれど、蜂の巣を真似た正六角形を
隙間なく並べた構造「ハニカム型」を利用した
強度のある段ボールの研究もしているよ。
みんなも生き物をヒントに、まだ誰も見たことのないような
新しいモノをつくる研究をしてみない!?
NOW PRINTING