近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

この~木なんの木!?

2013年3月7日

こんにちは。BOSTです。

暖かい陽射しが気持ちいい気候になってきたね。
春になると、たくさんの植物の花が咲くから
ぼくは、キャンパスをお散歩すると
ウキウキしちゃいます♪

今日も、生物理工学部がある和歌山キャンパスは晴れて
絶好のお散歩日和だったよ。
「きれいなお花が咲いていないかな~」と
木々を見ながら歩いていると・・・
NOW PRINTING
わっ!緑のイモムシがいっぱいぶらさがった木が!!
ちょっとビックリしちゃった~。
あれ!?よく見るとイモムシじゃない!?
イモムシに見えたものは、木の一部だったんだ。

何の木なんだろう?
キャンパスの植物には、樹木プレートがついているので
プレートを探したけれど、見つからない・・・
もしかしたら、自生している木かもしれないけれど、
「この木の正体が気になる~。」
ということで、たくさん調べたんだ。

この木は、どうやら「オオバヤシャブシ」という木で、
関東地方南部~紀伊半島の海岸近くの山地に生えるそうです。
花は3~4月に咲くようで、ぼくがイモムシだと思った部分は
お花だったんだ。
キャンパスは海岸近くではないけれど、分布する場所や木の特徴、
花の特徴、開花の時期から「オオバヤシャブシ」という木だと
思ったんだ。

おもしろい発見や、まだ知らないことを発見すると
ワクワクするね!
みんなもぼくと一緒に、おもしろい発見や新しい発見を
探してみない!?
NOW PRINTING