近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

猫の日特集@生物理工学部の図書館

2013年2月16日

こんにちは。BOSTです。

2月22日は、「ニャン、ニャン、ニャン」と猫の鳴き声の
語呂合わせで「猫の日」なんだって。
生物理工学部の図書館では、猫の日に合わせて、
猫の生態・行動学、絵画・写真、物語など、
猫をテーマにした書籍をたくさん集めて展示しているよ。

わぁ~!猫がたくさん飾りつけされていてかわいいね!
猫って、かわいいだけじゃなくて、すごい能力を
たくさん持っているんだ。
NOW PRINTING
たとえば、猫のヒゲはすぐれたレーダーのような役目を
していて、ヒゲの根元の神経で、わずかな風や
体が通れるかなどを判断しているよ。
また、猫はザラザラの舌で毛づくろいして、体の汚れや
むだ毛をからめ取ったり、それによって体温調節もしているんだ。
飲み込んだ毛玉は、あとで吐き出しているよ。

この、猫の舌のザラザラをヒントにしてできたのが、なんと掃除機!
ゴミを圧縮する回転羽根の表面に、猫の舌のようなザラザラを
つけて、ほこりなどを絡め合わせゴミを小さく圧縮させるんだ。
ゴミ捨ての手間を省くことができる仕組みに生かされているんだね。
NOW PRINTING

生物理工学部でも生き物のすごいところからヒントをもらって、
モノづくりに生かせる研究を行っているよ!
みんなも生き物をヒントに、よりよい未来のための研究を
一緒にしてみない!?

図書館の猫の日特集は2月28日(木)まで。
生物理工学部のみんなは、図書館へ是非見にきてね!
NOW PRINTING