近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

見学会Vol.14

2012年12月14日

こんにちは。BOSTです。

今日は、和歌山県立伊都高等学校のみんなが
体験実習に来てくれました!
高校1年生のみんな、大学に来るのは初めてかな?
ちょっとした空き時間にもキャンパスを歩いて
とっても好奇心旺盛だったよ。

学部概要説明のあとは、模擬講義を受けたよ。
「食品の機能性を実験動物が教えてくれる」というテーマでした。
質疑応答では「どうして実験動物はマウスなのですか?」など
NOW PRINTING
熱心に先生に質問していたよ。

カフェテリアで昼食をとって、午後からは6班に分かれて体験実習に行きました~。
生物工学科では、コメツブのなかの酵素活性を計る体験をしたんだ。
マイクロピペットを使って、サンプル溶液を調整するときには
手先に集中して真剣な表情でした。
難しかったかな?

人間工学科では、コンピュータの中のデジタルマネキンを使って、
身体のどの部分に負担がかかっているか調べたんだ。
NOW PRINTING
身体の意外なところに負担がかかっていることが発見できたかな?

この他にも、遺伝子工学科、食品安全工学科、システム生命科学科、
医用工学科の体験実習に行きました~。
帰る前に「今日、生物理工学部に来て楽しかった人」の問いかけに
「はーい!」と答えてくれたみんな、とっても嬉しかったよ。

また、みんなに会えるのを楽しみにしているね!
NOW PRINTING