近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

未来の医療 ~iPS細胞・ES細胞~

2012年10月19日

こんにちは。BOSTです。

最近、新聞などを賑わせているニュースといえば、
今年のノーベル医学生理学賞が、
京都大学の山中伸弥教授に贈られるのが決まったことだね!
たくさんのメディアに取り上げられたから
みんなも知っているよね。

体の皮膚細胞などからいろいろな組織(細胞)になりうる能力をもつ
万能細胞「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」を作り出したんだってね。
このiPS細胞は、けがや病気で傷ついたり失われたりした
組織の細胞をつくって治療する「再生医療」に役立てることが
期待されているんだって。
今はまだ研究の段階だけど、近い未来の医療技術が大きく変わる
すごい研究だよね!

そんなすごい研究は、ここ近畿大学生物理工学部でも進行中だよ。
遺伝子工学科では、iPS細胞と機能的にはまったく同じ
ES細胞の研究がされていて、これはいろいろな組織(細胞)に
なりうる能力をもつ細胞なんだ。
NOW PRINTING
ES細胞の研究もiPS細胞を用いた「再生医療」に
役立てることが期待されているよ。
最先端の機器を駆使して日夜問わず研究が続いているんだ。
このような研究をして、
遺伝子工学科を巣立っていった卒業生の中には、
近畿大学医学部の再生医療分野で研究したり、
附属病院で活躍している先輩たちが何人もいるよ。

みんなも一緒にここで未来をつくろう!
NOW PRINTING