近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

国際学会へ参加してきました!(NEW YORK編)

2012年10月15日

こんにちは。BOSTです。

先日米国ニューヨークで、
Germ Cells Meetingsが開催されました。
Germ Cell?!何だろう・・・?

これは、『生殖細胞』という意味なんだって。
この集まりは、細胞や遺伝子について研究している
いろいろな分野の人々が集まって、情報交換する場なんだ。
その分野での有名な研究者たちもたくさん参加されるんだって!
ここに、近畿大学大学院の生物理工学研究科の
畑中勇輝くんと清水なつみさんが参加してきたよ!

NOW PRINTING
2人は発生遺伝子工学研究室に所属していて、
遺伝子について研究をしているんだ。
どんな研究をしているのか、清水さんにお話をきいてきたよ。
清水さんは、
「初期胚でのタンパク質の分解機構」
について研究しているんだって。
これは、受精卵が発生していく過程でさまざまなタンパク質が
分解されるメカニズムについて解明しようとするものだそう。
それをポスターにして、発表するんだよ。
世界の有名な研究者も来場していて、
その方たちから質問されるんだって!
ドキドキするよ~♪でもうれしいぃぃ!

NOW PRINTING
清水さんに感想を聞いてみたよ。
「とっても楽しかったです。国際学会だから、発表はもちろん英語。
有名な方々と直接お話ができて、
とてもうれしかったし、勉強になりました。
発表にむけて英語をしっかり勉強してきたつもりだけど、
伝えたいことを十分に伝えることができなくて、
はがゆい思いもありました。
これからも勉強と研究を続けて、
次の機会にむけてがんばっていきたいです!」
と笑顔で語ってくれたよ。

最近は国際学会に参加される学生さんが増えてきているね。
みんなとってもキラキラしているよ。
僕も応援しているよ~!
NOW PRINTING