近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

ダブリンへ

2012年9月25日

こんにちは。BOSTです。

今日はまたまた異国からのレポート~♪
アイルランド共和国の首都ダブリンからお届けします!
人間工学科2年生の神崎康文君が、
ダブリンシティ大学での夏季語学研修に行ってきたよ。

第一声は、「よかった!」
研修に参加するまでに自分で勉強を進めていた神崎君。
いざ行ってみると、実際には、相手の話すことは理解できても、
自分でなかなか話すことができなかった、って言ってたよ。
NOW PRINTING
うーん、悔しいよね。
でも、日がたつにつれて、だんだん慣れてきて、
積極的に話せるようにもなり、スポーツや食事会、小旅行など、
勉強以外のプライベートもとっても充実していた様子。
写真も楽しそうだね。
言語は違っても同年代ということですぐに仲良くなれちゃうね。
ホストファミリーでは、
フランス人の学生と2人でお世話になったんだって!
一日中、英語や異文化に触れ、刺激になったし、
同じ目標をもつ者同士協力しあい、親友もできたそうです。
NOW PRINTING
「もう一度行きたいです。」
と目をキラキラさせながら語ってくれたよ!

このように、英語や外国語に興味をもって、
夏休みを利用して夏季語学研修に参加する人は
だんだん増えてきているよ。
上級生になると、英語の論文をたくさん読んだりするから、
早くから英語や外国語に強くなっておくと武器になるね。

NOW PRINTING