近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

和歌山キャンパスは秋の気配

2012年9月7日

こんにちは。BOSTです。

まだまだ日中は暑いですが、
生物理工学部がある和歌山キャンパスは、
秋の気配があちこち漂ってきました。

耳を澄ませば、
ひぐらしや鈴虫などの鳴き声が聞こえてきます。
キャンパス内を散策してみると、
空が高く感じる秋の空。
トンボが気持ちよさそうにたくさん飛んでいます。
進んで行くと、
ススキ、ムクゲ、イチジク、くり、ざくろなどなど、
秋の味覚や植物がずらり。おいしそう・・・(^_^)!

こんな自然に囲まれて、空気もとってもきれい。
そういえば前に、生物工学科の学生さんが、
「自然がいっぱいで、キャンパスのすべてが
教材という感じ!最高の学びの環境。」
っていってたな~♪

キャンパス内の植物を採取して、
授業で使う先生もいるんだって!
四季の移りかわりを肌で感じ、
それらが勉強につながるって、とっても素敵だね。

さて、僕はまた散策にいってこようっと♪


NOW PRINTING
NOW PRINTING NOW PRINTING