近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

大学院の大池達矢君、ベストプレゼンテーション賞受賞!

2012年8月31日

こんにちは。BOSTです。

8月4日~5日に近畿大学工学部で、
『近畿大学環境科学研究会』が開催され、
生物理工学研究科の大池達矢君が参加、
なんとベストプレゼンテーションを受賞されました!
おめでとう!

この研究会は、毎年近畿大学のいろんなキャンパスから
学部生・大学院生が参加し、「環境」についての研究内容を
情報交換・発表・ディスカッションするもので、
今年も約70名が参加したんだって。
NOW PRINTING
エネルギー生産、バイオマス燃料、排水処理など、
学部が違うとテーマや研究内容も様々、
でも環境に対する思いはみんな同じなんだね。

大池君は、『新しい代替燃料植物ジャトロファの
安全有効利用に関する基礎研究』というテーマで発表しました。
ジャトロファというのは、植物の名前で、
種子に多くの油を含んでいるんだって。
それをバイオディーゼルとして利用し、
新たなエネルギーとして用いられないか、
さらに、廃棄されてしまう種子の搾りかすを、
微生物を用いて堆肥などに利用できないか、
NOW PRINTING
という研究をしているよ。
生物のパワーで環境をよくするなんて、
ヒトにも環境にも優しいね。

今日も大池君は研究に励んでいるよ。
素敵な未来が来ますように。

僕BOST。
僕の身体は未来へとつながっている。
この星が育んだ生命と人間の知恵とがひとつになって、
僕の中で大きくなっている。
これからますます大きく光り輝くよ!
NOW PRINTING