近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

救命救急!?

2012年7月26日

こんにちは。BOSTです。

昨日、医用工学科のみんなが、「普通救命講習」を受講しました!
那賀消防組合の中消防署長はじめ
隊員の方々を講師に迎えての救命処置習得です。
将来、臨床工学技士として、医療現場での活躍をめざすみんな、
最初から真剣なまなざし、暑さ忘れて熱気満タンです。

NOW PRINTING
今日の目標は、
「救命処置および止血法を救急車が
現場到着するのに要する時間程度実施できる」と、
「自動対外式除細動器(AED)について理解し、
正しく使用できる」です。
テレビなどで見たことがあっても、
実践したり、触れたりするのって初めて・・・。
講義に続き、実技になると、みんな真剣そのもの。
人工呼吸や、AEDの操作、みんななかなか上手です。
ほかにも気道異物除去、止血法など、
生活で役立ついろいろなことを学びました。
先生たちも一緒に汗を流し、
学生のみんなのモチベーションもさらにあがった様子。

NOW PRINTING
そういえば、この間も近畿大学医学部に
見学実習に行ってきたんだったね。
教室だけじゃなく、
いろんなところで見たり触れたりしながら
学ぶ機会が多いようだけど…
これは、実学に力を入れた近畿大学の特徴なんだよ。
近畿大学の「建学の精神」は、
『「実学教育」と「人格の陶冶」』だからね。

いろんな経験をつんで、
りっぱな臨床工学技士めざして、がんばれ~!


oc2012
  くわしくはここをクリック!

NOW PRINTING