近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

見学会Vol.3

2012年7月18日

こんにちは。BOSTです。

今日は、近畿大学の東大阪キャンパスから、
附属高等学校の2、3年生のみんなが
キャンパス見学に来られました。
生物理工学部に興味のある生徒のみんなばかりで、
期待に胸をふくらませていたよ!
学部概要説明をきいたあとは・・・
さぁ!遺伝子工学科、食品安全工学科、
医用工学科の研究室を見学だー!


NOW PRINTING
遺伝子工学科では、
光るオワンクラゲの遺伝子を組み込んだマウスを発見!
ブラックライトをあてると目、耳、しっぽが光って見えるんだよ!
毛があるから見えないけど、体も光るんだって!
ちなみにウンチも・・・だって(。・_・。)
ほかにも、マイクロマニピュレーターで
卵子をつついてみたり(プニプニしてる!)、
ES細胞も見たよ!

食品安全工学科では、
大学のゼミの授業のようなスタイルで、食品保全についてのお話や、
HACCP管理者(世界的で最も有効な食品衛生管理資格)についての
説明をきいたよ!
この学科で規定の単位を修得すれば、
HACCP管理者の資格も取得できるんだって!
やる気出るぅ~!!
NOW PRINTING

医用工学科では、
病院の手術室などで実際に使われる
たくさんの医療機器に圧倒されました・・・。
この学科では、臨床工学技士(病院で生命維持管理装置などの
医療機器を操作したり、 点検業務を行う資格)の
国家試験受験資格が取得できるんだよ。
心臓のかわりをする人工心肺装置や、
手術台の上で影ができない無影灯、
保育器など、どれも最新機器で、すごいなぁと思ったよ。
病院では壁の中にある配管も、
ここではわざと見えるようにしているんだね。

大学って、なんだかとっても楽しそう。
もっと見たいなぁ。

8月5日のオープンキャンパスでは、
たくさん研究室を開放したり、体験実習もできるよ。
ぜひ来てね。

oc2012
  くわしくはここをクリック!
NOW PRINTING