近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

見学会 Vol.2

2012年7月12日

こんにちは。BOSTです。

今日は、大阪信愛女学院高等学校のみなさんが、
キャンパスを見学に来られました。

学部概要説明を聞いたあと、実験室へ移動して、
食品安全工学科と医用工学科で体験実習をしたよ。

NOW PRINTING
食品安全工学科では、身近なバナナと食塩水を使って、
なんとDNAをとりだす実験をしたよ。
生き物がもつDNAってこんなかたちなのか・・・実感。
目で見えるなんて、感動だよ。

生物理工学部の学生の先輩たちが優しく、
詳しく指導&説明してくれて、
なんだかかっこよかったなぁ・・・。
きみたちも数年後には
そうやって後輩たちに指導しているのかな♪

NOW PRINTING
医用工学科では、マネキンの採血をしたり、
電気メスでこんにゃくを切ってみたり。
初めて触る医療機器、おそるおそる始めてみたけど、
だんだん楽しくなってきて、何度も体験しちゃいました!

そう、生物理工学部では、
病院の手術室と同じ機器や装置をそろえた施設があって、
テレビやドラマで登場する医療機器が目の前に!
医療用手術照明灯(無影灯)の下では、
影がまったくできないのにびっくりだよ!
病院には本当にいろいろな医療機器があるんだなぁ。
そしてその機器の操作・管理をするのが臨床工学技士なんだね。
こんな機器に囲まれて勉強すれば、
きっと、病院に勤務しても、最新医療機器にも対応できるね♪

実験は楽しかったかな?
8月5日のオープンキャンパスでは、他の学科も、
いろいろな体験実習を準備してみんなをお待ちしています!

また会えるのを楽しみにしてま~す♪

NOW PRINTING