初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

ソフトナノセラミック・テクノロジーによる医療機器の創出

ソフトナノセラミック・テクノロジーによる医療機器の創出
PDFでみる

従来のバイオセラミックは硬い・脆いという欠点がありました。そのため、一般的に歯や骨などの硬組織に特化した使われ方がなされてきました。この欠点を独自技術で克服し、血液や内臓器など軟組織に対しても応用可能な“やわらかいセラミックス”の創出に成功しました。

学科・所属:
医用工学科  バイオマテリアル研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 古薗 勉
キーワード:
医療機器:バイオマテリアル:複合材料

リソグラフィを利用したマイクロ医用システムの開発

リソグラフィを利用したマイクロ医用システムの開発
PDFでみる

半導体デバイスの微細加工技術から派生した、ソフトリソグラフィ技術を活用して、様々な形状・機能を持ったマイクロデバイスを研究・開発しています。現在は生殖医療分野への応用・ドラッグデリバリーシステムの開発を目指して各分野の専門家と共同研究を行っています。

学科・所属:
医用工学科  マイクロ医用システム工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 加藤 暢宏
キーワード:
受精卵培養:マイクロニードル:移動マスク露光:ソフトリソグラフィ

心臓手術の安全性向上を目的とした医学シミュレータの開発と応用

心臓手術の安全性向上を目的とした医学シミュレータの開発と応用
PDFでみる

産業界のみならず医療においても、安全性の確保は絶対条件です。診断・治療を自由に選択できる現在、安全な治療・手術が求められています。医療従事者にも「安全・確実」な手技操作が求められます。私たちは、安全教育の観点から、医学シミュレータの開発し、そのシステムを使用した客観的な評価から、効率の良い医学教育手法を研究しています。

学科・所属:
医用工学科  医学シミュレーション研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 徳嶺 朝子
キーワード:
体外循環技術:人工心肺装置:医学教育:シミュレーション教育

ウエストナイルウイルスに対するワクチンと抗体医薬の開発

ウエストナイルウイルスに対するワクチンと抗体医薬の開発
PDFでみる

ヒト(特に高齢者)に重篤な脳炎をおこすウエストナイルウイルスに対する感染防御免疫について研究しています。このウイルスに対するワクチンと、ヒト型中和抗体医薬の開発を目指しています。

学科・所属:
医用工学科  感染防御免疫研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
准教授 正木 秀幸
キーワード:
ウエストナイルウイルス:ワクチン:抗体医薬

臓器線維症発症機構の解明とその応用

臓器線維症発症機構の解明とその応用
PDFでみる

慢性炎症に伴って細胞外マトリックスが過剰な状態になると臓器が硬くなり(線維化)、重篤な機能障害をもたらします。線維化の分子機構を明らかにすることによる臓器線維症の病態理解および予防・治療を目的とした生化学的研究を行っています。

学科・所属:
医用工学科  病態生化学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 吉田 浩二
キーワード:
臓器線維症:細胞外マトリックス:筋線維芽細胞:TGF-β:EGCG

人工知能に基づく医用画像の解剖学的理解と画像診断支援

人工知能に基づく医用画像の解剖学的理解と画像診断支援
PDFでみる

放射線診断医が画像の何・どこに注目し、どのような手順・知識に基づき診断をしているのかを数理的に解析し、コンピュータによる自動画像診断システムを実現することを目標に、研究に取り組みます。

学科・所属:
医用工学科  医用画像処理工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 根本 充貴
キーワード:
医用画像処理:Computer-aided diagnosis (CADx):パターン認識:機械学習:人工知能

スポーツへの意識と防災への意識の融和

スポーツへの意識と防災への意識の融和
PDFでみる

防災における自助・共助の観点は、健康のために個人の体力を向上させ、周りの人々とスポーツを楽しんで行っていくコミュニティ・スポーツのめざす方向と一致しています。スポーツへの意識と防災への意識の融和をめざした地域コミュニティ・スポーツの創造が必要です。

学科・所属:
教養・基礎教育部門  
分野:
人文・社会
発案者:
講師 橋本 剛幸
キーワード:
コミュニティ・スポーツ:防災:生涯スポーツ

多言語・多文化社会への課題解決とグローバル人材の育成

多言語・多文化社会への課題解決とグローバル人材の育成
PDFでみる

多文化社会における課題解決や対等な人間関係の構築、協働的な社会参加ができる人材育成・教育、ことばと文化をテーマに、接触場面の実態調査・分析や、国際理解教育の教材開発等を行っています。また、理系分野で使用される英語をジャンルおよび言語的観点から分析し、その習得に必要な学習方法の提案を試みています。

学科・所属:
教養・基礎教育部門  
分野:
人文・社会
発案者:
准教授 服部 圭子
キーワード:
多文化共生:ことばとコミュニケーション:異文化理解:特定目的の英語:実践研究

教員養成を中心とした教職教養的研究

教員養成を中心とした教職教養的研究
PDFでみる

教師教育の思想と制度の歴史的分析を通して、現代の教師教育の在り方を考えることをテーマにしています。それとともに、現代の子どもたちを捉える視点の探求や、わかりやすい授業の構築に関する研究も行っています。

学科・所属:
教養・基礎教育部門  
分野:
人文・社会
発案者:
准教授 小田 義隆
キーワード:
教員養成:教師観:師範学校:文検:授業シート

語彙分析と外国語学習援用システムの研究

語彙分析と外国語学習援用システムの研究
PDFでみる

語学力に個人差がある学習者一人ひとりにパーソナライズされたリーダビリティ式を使うことにより、より適したレベルのテキストを学習者に提供できるシステムを開発しています。  また、リーダビリティ式の重要なファクターとなる語彙の研究もしています。

学科・所属:
教養・基礎教育部門  
分野:
英語教育
発案者:
准教授 長谷川 由美
キーワード:
英語教育:語彙分析:リーダビリティ:教材開発

81件中 61~70件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ