初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

陽電子断層画像(PET)を用いた診断手法の構築

陽電子断層画像(PET)を用いた診断手法の構築
PDFでみる

医用画像手法の一つである陽電子断層画像(PET)は、生体の機能を定量的に画像化できることから、癌や痴呆の診断に応用されつつある。本研究室では、PETを用いた画像診断システムや、その開発に必要となる動物実験システムの研究開発を行っている。

学科・所属:
生命情報工学科  生体システム研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 木村 裕一
キーワード:
医用画像:医療診断システム:分子イメージング:PET:医用工学:核医学

キラル媒質・周期構造における電磁場の解析に関する研究

キラル媒質・周期構造における電磁場の解析に関する研究
PDFでみる

螺旋構造などのキラル媒質や回折格子などの周期構造における電磁波の解析に関する研究に従事している。螺旋構造としてモデル化するカーボンマイクロコイルが医療技術と関連するが、基本的には基礎研究に属する。

学科・所属:
生命情報工学科  生体電磁場解析研究室
分野:
情報通信
発案者:
教授 浅居 正充
キーワード:
人工媒質:周期構造:キラル媒質:カーボンマイクロコイル:影理論

疾患にかかわる生体分子の生体分子シミュレーション研究

疾患にかかわる生体分子の生体分子シミュレーション研究
PDFでみる

生体分子は生体・細胞活動に必須の物質で、僅かな変異や環境変化が疾患プロセスや分裂などの細胞システムに大きく影響を与える事があります。その様な生体分子システムのシミュレーションをスーパーコンピュータなどで実施し、特に疾患メカニズムの探求をしています。そして将来的に疾患システムの理解と予測、次世代医療・産業への貢献をめざしています。

学科・所属:
生命情報工学科  機能性生体分子システム研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
准教授 宮下 尚之
キーワード:
疾患:生体分子:タンパク質:シミュレーション:コンピュータ:スーパーコンピュータ

ハイパースペクトラルイメージングの臨床応用

ハイパースペクトラルイメージングの臨床応用
PDFでみる

光を用い、肌のさまざまな現象を解析しています。肌の色を極めて細かく計測することができる、ハイパースペクトラルイメージャーと呼ばれる特殊な装置を使い、がんの王様と呼ばれるメラノーマの診断技術や、売れる化粧品を開発するための化粧品評価技術の開発に取り組んでいます。

学科・所属:
生命情報工学科  生体分光計測研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 永岡 隆
キーワード:
応用分光学:メラノーマ:化粧品:医療機器開発:スペクトル医学

生体機能代行装置の医用化学工学的研究

生体機能代行装置の医用化学工学的研究
PDFでみる

「ヒトの体は小型の化学プラント」であるという医用化学工学の立場から、生体機能代行装置(代謝)の機能と設計に関する研究をしています。人工腎臓や生体適合性に優れた血液透析膜の開発、臨床への応用技術など臨床工学技士の皆さんにも関連するテーマを推進します。

学科・所属:
医用工学科  医用化学工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 福田 誠
キーワード:
生体機能代行装置:人工腎臓:人工臓器:血液透析膜:高生体適合性

力学による生体の構造と機能の解析

力学による生体の構造と機能の解析
PDFでみる

生体組織の構造(かたち)と機能(はたらき)を力学的観点から解析する学問であるバイオメカニクス分野の研究を実施しています。得られた結果をもとに、臨床医学での手術手技やリハビリテージョン方法の改良を目指しています。

学科・所属:
医用工学科  バイオメカニクス研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 山本 衛
キーワード:
バイオメカニクス:生体物性:組織伸展性:損傷治癒:機能的適応

新奇な機能性生体材料薄膜の創成

新奇な機能性生体材料薄膜の創成
PDFでみる

原子レベルで薄膜を作製可能なパルスレーザ堆積(PLD)法を用い、歯や骨の主成分であるハイドロキシアパタイト、およびその化学組成を制御した生体材料の薄膜を作製し、新奇な機能材料としての応用を研究しています。

学科・所属:
医用工学科  機能調和生体材料研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 西川 博昭
キーワード:
薄膜:生体材料:機能材料:ハイドロキシアパタイト

機能材料薄膜の創製とその医療分野への応用

機能材料薄膜の創製とその医療分野への応用
PDFでみる

医療分野に必要な種々の機能材料を研究を行なっています。特に種々のレーザーを用いたリン酸カルシウム系生体材料の薄膜化技術を開発するとともに、これら薄膜を用いたエナメル質等の硬組織修復シート、インプラント等の歯科治療用材料やデバイスの研究を行っています。

学科・所属:
医用工学科  生体機能材料工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 本津 茂樹
キーワード:
レーザー:生体材料薄膜:アパタイト:インプラント

ブレイン・マシン・インタフェースの福祉機器への応用

ブレイン・マシン・インタフェースの福祉機器への応用
PDFでみる

脳波を利用したブレイン・マシン・インタフェース(Brain Machine Interface: BMI)について研究しています。手足や声などを使わずに考えるだけで意思伝達可能な装置として、 「はい」または「いいえ」だけを伝える装置や文章作成のための文字入力装置などを開発しています。

学科・所属:
医用工学科  生体医工学研究室
分野:
医療・福祉機器
発案者:
准教授 山脇 伸行
キーワード:
ブレイン・マシン・インタフェース:脳波:意思伝達装置

血液透析シミュレータシステムの開発と教育への応用

血液透析シミュレータシステムの開発と教育への応用
PDFでみる

透析治療において発生する様々なアクシデントやトラブルは、透析装置より警報音(ブザー)と警報灯(外部表示灯;LED)によって警報発生という形で出現することに注目した.透析装置から警報を発生させることができれば、アクシデントが発生したことになる.そのような状況で受講者がトラブルの原因を発見し、適切な操作手順で処置を行うことが期待される.臨床以外でシミュレーショントレーニングが行えるシミュレータの開発・研究を行っています.

学科・所属:
医用工学科  医療機器学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 西手 芳明
キーワード:
血液透析治療:警報:アクシデント:シミュレーショントレーニング

81件中 51~60件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ