初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

水生有害生物の駆除に効果的な食毒性タンパク質

水生有害生物の駆除に効果的な食毒性タンパク質
PDFでみる

土壌細菌由来の食毒性タンパク質を用いて、環境負荷の小さい有害生物駆除法を研究しています。このタンパク質は広域選択毒性を示し、水に不溶な顆粒として調製できるので、水中に生息する有害生物の駆除に有効です。

学科・所属:
食品安全工学科  分子生化学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 武部 聡
キーワード:
殺虫毒素:食毒性タンパク質:不溶性顆粒:Bacillus thuringiensis

病原性制御を目指した細菌情報伝達系の研究

病原性制御を目指した細菌情報伝達系の研究
PDFでみる

食中毒原因菌などの病原菌は、ヒトに対して病原性をもつことで嫌われています。もし、病原性が無くなれば、ヒトとの共存も可能であり菌を殺す必要がなくなります。私達は、食中毒原因菌に対抗する新しい手段として、細菌情報伝達系を標的とした、病原性抑制因子の開発を目指しています。

学科・所属:
食品安全工学科  食品衛生管理学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 江口 陽子
キーワード:
2成分制御系:阻害剤:カンピロバクター:ファージ:ミュータンス菌:バイオフィルム

健康・快適な温熱・空気環境を有する住空間の創造

健康・快適な温熱・空気環境を有する住空間の創造
PDFでみる

住まいの温熱・空気環境はそこに暮らす人にとって健康で快適なものでなければなりません。地球の限られた資源を有効に活用して人と地球に優しい住空間を創造する方法を建物と設備の面から探究しています。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  人間環境工学工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 藤田 浩司
キーワード:
温熱環境:床下暖房:蓄熱:潜熱蓄熱:換気

ユニバーサルデザインと機械システムの最適設計

ユニバーサルデザインと機械システムの最適設計
PDFでみる

生体信号計測やデジタルマネキンを利用したユニバーサルデザイン・人間工学設計に関する研究と,近似モデルや進化型計算手法などを利用した機械システムの最適 設計に関する研究を行っています.

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  ユニバーサルデザイン研究室
分野:
社会基盤
発案者:
教授 廣川 敬康
キーワード:
ユニバーサルデザイン:人間工学:生体信号計測:デジタルマネキン:最適設計

カラービジョンモデルに基づく白色度評価式

カラービジョンモデルに基づく白色度評価式
PDFでみる

照明用LEDを含むさまざまな照明条件に適用可能な白色度評価式を研究しています。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  ユニバーサルデザイン研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
准教授 片山 一郎
キーワード:
知覚白色度:カラービジョンモデル:CIE白色度式:照明光色度

人間を支援するロボットの開発研究

人間を支援するロボットの開発研究
PDFでみる

人間の手足を代替する義足、義手、装具の研究をはじめ人間を支援する機器、ロボットの研究を行っています。人の動作分析をもとに、義足などの人間の手足の代替機器(人間の手足ロボット)、障害者を支援するロボット(介助犬ロボット)、緊急連絡・搬送装置などの機器の研究に取り組んでいます。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  人間支援ロボット研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 北山 一郎
キーワード:
義足:義手:装具:介助犬:福祉機器:ロボット

圧電膜応用を核とした人工環境デザインの研究

圧電膜応用を核とした人工環境デザインの研究
PDFでみる

快適な振動や音響空間を創出する人工環境デザインの研究をしています。特に圧電フィルムや平板状スピーカを用いたアクティブ遮音、センサ・アクチュエータ内蔵超軽量柔軟構造、振動発電、人体振動計測などを研究しています。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  人間環境工学研究室
分野:
製造技術
発案者:
准教授 西垣 勉
キーワード:
圧電材料:センサ:アクチュエータ:騒音制御:振動制御:振動発電

運動生理学・バイオメカニクスで人々のQOLを改善

運動生理学・バイオメカニクスで人々のQOLを改善
PDFでみる

運動トレーニングの生理学的研究、およびスポーツ動作、日常動作の動力学的研究をしています。健康寿命を延ばし、QOL(生活の質)をあげるためには、まず身体のアクチュエータである筋が必要です。本研究室では筋肉を強く大きくすること、動作を効率よく行うことを探求し、人々のQOL改善に役立つ研究を目指しています。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  スポーツバイオメカニクス研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
准教授 谷本 道哉
キーワード:
筋肥大:トレーニング適応:運動力学:動作解析

精密人体モデルと構造解析によるユニバーサルデザイン

精密人体モデルと構造解析によるユニバーサルデザイン
PDFでみる

日本人の体形の統計データに基づいた精密人体モデルで製品の使用状況を再現し、使いやすい製品の設計を行っています。また、構造解析ソフトによる強度・剛性の分析を行い、製品・部品の軽量化・高度化の研究を行っています。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  ユニバーサルデザイン研究室
分野:
製造技術
発案者:
准教授 大政 光史
キーワード:
ユニバーサルデザイン:精密人体モデル:ものづくり:構造解析:軽量化

高齢化社会のためのロボット技術開発

高齢化社会のためのロボット技術開発
PDFでみる

近年の少子高齢化社会、特に和歌山県での農業従事者の高齢化、介護者不足、津波避難問題などに対して、ロボット技術による支援の方法を検討し、種々のロボット装置の開発に取り組んでいます。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  人間支援ロボット研究室
分野:
情報通信
発案者:
准教授 中川 秀夫
キーワード:
果実収穫ロボット:介助犬ロボット:食事支援ロボット:津波避難:圧縮空気

81件中 31~40件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ