初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

ブレイン・マシン・インタフェースの福祉機器への応用

ブレイン・マシン・インタフェースの福祉機器への応用
PDFでみる

脳波を利用したブレイン・マシン・インタフェース(Brain Machine Interface: BMI)について研究しています。手足や声などを使わずに考えるだけで意思伝達可能な装置として、 「はい」または「いいえ」だけを伝える装置や文章作成のための文字入力装置などを開発しています。

学科・所属:
医用工学科  生体医工学研究室
分野:
医療・福祉機器
発案者:
准教授 山脇 伸行
キーワード:
ブレイン・マシン・インタフェース:脳波:意思伝達装置

1件中 1~1件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ