初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

植物代謝産物の有効利用に関する基礎研究

植物代謝産物の有効利用に関する基礎研究
PDFでみる

植物の代謝産物には,医薬品や化成品あるいは燃料として利用できもの,生命の仕組みを理解するのに役に立つものなどが多く存在します。当研究室では生物有機化学と生化学さらには,細胞工学技術に基づいた植物代謝産物の有効利用を目指して研究を行っています。

学科・所属:
生物工学科  生物機能物質工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 梶山 慎一郎
キーワード:
植物代謝産物:生理活性物質:燃料植物:生合成:機器分析

ゲノム情報に基づくイネの遺伝的改良

ゲノム情報に基づくイネの遺伝的改良
PDFでみる

農作物、特にイネを対象として、その光合成産物の貯蔵器官であるシンクの能力に関してゲノム情報に基づいた遺伝的改良を行い、多収性および品質向上に寄与する。

学科・所属:
生物工学科  植物育種学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 加藤 恒雄
キーワード:
イネ:多収性:極穂重型:登熟:粒大:γ-オリザノール

植物の有用成分の探索と利用

植物の有用成分の探索と利用
PDFでみる

植物に含まれる種々の化学物質に関しての研究を行っています。特に生体防御に関わる新規有用物質の探索を行うとともに,既知成分に関しても分析技術を利用してその利用法の開発を行っています。

学科・所属:
生物工学科  生物機能物質工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 松川 哲也
キーワード:
植物:二次代謝成分:化学分析

スマート施設植物生産システムの構築

スマート施設植物生産システムの構築
PDFでみる

温室、ハウス、植物工場などの、高度植物生産について、主に工学的な立場から研究開発を推進しています。高度な気象環境計測制御、養液栽培による成育促進、ICT利用による意思決定支援システム等を重点的に研究しています。

学科・所属:
生物工学科  生物生産工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 星 岳彦
キーワード:
環境計測制御システム:農業情報システム:温室:植物工場:養液栽培:自動化

有用微生物の単離と環境浄化への応用

有用微生物の単離と環境浄化への応用
PDFでみる

循環型社会に向けて未利用有機資源の有効利用に役立つ微生物の単離と環境浄化への応用に関する研究をしています。具体的には、植物病原菌を抑制する微生物を用いた微生物農薬、排水中の有機物を電気に変換する、微生物燃料電池に関する研究を行っています。

学科・所属:
生物工学科  環境生物工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 阿野 貴司
キーワード:
微生物農薬:バイオフィルム:微生物燃料電池

植物・微生物の細胞応答機構の解明と農業分野への応用

植物・微生物の細胞応答機構の解明と農業分野への応用
PDFでみる

植物や微生物が外界物質に対応するための分子メカニズムを解明し、利用する研究を行っています。例えば、他の生物がもつ有用な遺伝子を酵母や大腸菌に組込んで、有用物質を大量産生させ、利用する研究を行っています。

学科・所属:
生物工学科  環境生物工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 岡南 政宏
キーワード:
遺伝子:タンパク質:植物生長促進細菌:生分解性プラスチック:エステラーゼ

植物の遺伝子機能解析と光による生育制御技術の開発

植物の遺伝子機能解析と光による生育制御技術の開発
PDFでみる

ゲノム内をジャンプする遺伝子-トランスポゾンを利用して、イネの有用突然変異遺伝子の探索やカンキツ類の系統分化の解析を行っています。また、植物が特定の波長の光に反応することを利用して、作物に新たな特性を付与する研究を行っています。

学科・所属:
生物工学科  植物育種学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
准教授 堀端 章
キーワード:
トランスポゾン:イネ:カンキツ類:アグリフォトニクス:シソ

生体関連化合物における構造物性活性相関の創出

生体関連化合物における構造物性活性相関の創出
PDFでみる

生体関連化合物における分子間相互作用と分子構造変化との相関を研究しています。医薬品包接複合体、活性炭吸着、溶解度推算、アミロイド初期形成を題材として、分子間相互作用エネルギーを精密に解析し、創薬などにつながる分子設計の研究を行っています。

学科・所属:
生物工学科  分子生物工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 藤澤 雅夫
キーワード:
分子間相互作用:コンフォメーション:エネルギー分割:分子設計:薬剤複合体

組織培養による有用植物の効率的生産と機能性向上

組織培養による有用植物の効率的生産と機能性向上
PDFでみる

各種有用植物の大量生産法の開発に取り組んでいます。遺伝子解析や組換え技術を利用しバイオマス生産性や有用物質生産性に優れた植物の作出をめざしています。植物の病害抵抗性を高めることにつながる基礎的な研究にも取り組んでいます。

学科・所属:
生物工学科  細胞工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 秋田 求
キーワード:
植物:遺伝子組換え:組織培養:バイオマス:二次代謝物

ゼニゴケを用いて受精のしくみを理解する

ゼニゴケを用いて受精のしくみを理解する
PDFでみる

生殖に対する理解は、生物学の基本的な課題の一つであるとともに、産業においても高い利用価値があります。有性生殖では「雌」および「雄」という二つの性が生じ、それぞれから卵と精子が形成されます。卵と精子は互いを特異的に認識し、融合して受精します。私たちは、雌雄を決定する性染色体がどのように進化してきたのか、卵と精子はどのように互いを認識して融合するのか、という問題にゼニゴケというモデル生物を使って取り組んでいます。

学科・所属:
生物工学科  細胞工学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 大和 勝幸
キーワード:
有性生殖:性染色体:精子走化性:基部陸上植物:ゲノム

48件中 1~10件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ