初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

生物の炭酸カルシウムを無機材料とする硬組織形成の機構解明と材料分野への応用

生物の炭酸カルシウムを無機材料とする硬組織形成の機構解明と材料分野への応用
PDFでみる

硬組織は,脊椎動物の骨や歯,無脊椎動物の外骨格(殻)など生体の構造維持や生体防御に重要な役割を果たしている。生物による硬組織形成反応はバイオミネラリゼーションと呼ばれ、その形成はタンパク質により制御され、遺伝子の支配下にある。研究課題は無脊椎動物の硬組織形成の分子機構の解明で、アコヤ貝の硬組織・真珠をモデルとして、関与するタンパク質とその遺伝子に関する研究を行っている。この形成機構の解明により、生物を模倣した無機・有機からなる環境調和型の複合材料の開発が可能である。

学科・所属:
遺伝子工学科  分子遺伝学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 宮下 知幸
キーワード:
Biomineralization:ナノテクノロジー:アコヤ貝:遺伝子:タンパク質:硬組織

生物の硬組織形成機構の解明と炭酸カルシウムを主成分とした複合材料への応用

生物の硬組織形成機構の解明と炭酸カルシウムを主成分とした複合材料への応用
PDFでみる

生物が作り出す硬組織はバイオミネラルと呼ばれ、形態が極めて精巧でありナノメートルオーダーで緻密に合成されることから、生物のナノテクノロジーといわれています。このようなバイオミネラルの合成機構が解明され、人為的に制御できれば、様々な分野において生物を模倣した無機・有機からなる環境調和型の複合材料の開発が可能となります。そこで、アコヤ貝の貝殻・真珠をモデルとし、硬組織形成機構を解明するため、その形成機構に関与するタンパク質とその遺伝子に関する研究を行っています。

学科・所属:
遺伝子工学科  分子遺伝学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
講師 高木 良介
キーワード:
Biomineralization:ナノテクノロジー:アコヤ貝:遺伝子:タンパク質:硬組織

高品質アパタイト薄膜の作製とその応用

高品質アパタイト薄膜の作製とその応用
PDFでみる

ハイドロキシアパタイト、ならびにフッ化アパタイトの優れた生体親和性/化学的吸着性を利用し、バイオセンサ、化学センサ、細胞培養足場、生体分子吸着・固定化層等へ応用するための高品質薄膜の作製法を開発しました。薄膜には、リソグラフィーとエッチング技術を用いた加工も可能であり、集積回路等への応用も可能です。

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  人間環境工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 楠 正暢
キーワード:
表面・界面:ナノ物質・材料:先端的ものづくり

グリーンコンポジットの開発とコンポジットデザインに関する研究

グリーンコンポジットの開発とコンポジットデザインに関する研究
PDFでみる

繊維系コンポジットは,繊維の選択,積層順などによって,望みの材料特性を設計できる世の中から期待されている新材料です.地球環境に優しい天然繊維を利用したグリーンコンポジットも期待されています.これらの材料の成形法や応用展開技術を研究しています.

学科・所属:
人間環境デザイン工学科  ユニバーサルデザイン研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 野田 淳二
キーワード:
複合材料:グリーンコンポジット:CFRP:押出成形:剛性計算:設計

生体機能代行装置の医用化学工学的研究

生体機能代行装置の医用化学工学的研究
PDFでみる

「ヒトの体は小型の化学プラント」であるという医用化学工学の立場から、生体機能代行装置(代謝)の機能と設計に関する研究をしています。人工腎臓や生体適合性に優れた血液透析膜の開発、臨床への応用技術など臨床工学技士の皆さんにも関連するテーマを推進します。

学科・所属:
医用工学科  医用化学工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 福田 誠
キーワード:
生体機能代行装置:人工腎臓:人工臓器:血液透析膜:高生体適合性

力学による生体の構造と機能の解析

力学による生体の構造と機能の解析
PDFでみる

生体組織の構造(かたち)と機能(はたらき)を力学的観点から解析する学問であるバイオメカニクス分野の研究を実施しています。得られた結果をもとに、臨床医学での手術手技やリハビリテージョン方法の改良を目指しています。

学科・所属:
医用工学科  バイオメカニクス研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 山本 衛
キーワード:
バイオメカニクス:生体物性:組織伸展性:損傷治癒:機能的適応

新奇な機能性生体材料薄膜の創成

新奇な機能性生体材料薄膜の創成
PDFでみる

原子レベルで薄膜を作製可能なパルスレーザ堆積(PLD)法を用い、歯や骨の主成分であるハイドロキシアパタイト、およびその化学組成を制御した生体材料の薄膜を作製し、新奇な機能材料としての応用を研究しています。

学科・所属:
医用工学科  機能調和生体材料研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 西川 博昭
キーワード:
薄膜:生体材料:機能材料:ハイドロキシアパタイト

機能材料薄膜の創製とその医療分野への応用

機能材料薄膜の創製とその医療分野への応用
PDFでみる

医療分野に必要な種々の機能材料を研究を行なっています。特に種々のレーザーを用いたリン酸カルシウム系生体材料の薄膜化技術を開発するとともに、これら薄膜を用いたエナメル質等の硬組織修復シート、インプラント等の歯科治療用材料やデバイスの研究を行っています。

学科・所属:
医用工学科  生体機能材料工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 本津 茂樹
キーワード:
レーザー:生体材料薄膜:アパタイト:インプラント

リソグラフィを利用したマイクロ医用システムの開発

リソグラフィを利用したマイクロ医用システムの開発
PDFでみる

半導体デバイスの微細加工技術から派生した、ソフトリソグラフィ技術を活用して、様々な形状・機能を持ったマイクロデバイスを研究・開発しています。現在は生殖医療分野への応用・ドラッグデリバリーシステムの開発を目指して各分野の専門家と共同研究を行っています。

学科・所属:
医用工学科  マイクロ医用システム工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 加藤 暢宏
キーワード:
受精卵培養:マイクロニードル:移動マスク露光:ソフトリソグラフィ

9件中 1~9件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ