初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

燃料用芋の大量栽培とメタン発電・給湯システムの開発

燃料用芋の大量栽培とメタン発電・給湯システムの開発
PDFでみる

芋を大量に栽培し燃料として用いることで、日本のエネルギー問題を解決する方法の開発に取組んでいます。三角棚による空間多層栽培技術により、通常の露地栽培の30倍量の芋を生産することが理論的に可能です。実用的な栽培システムと発電装置の開発と普及が目標です。

学科・所属:
生物工学科  生産環境システム工学研究室
分野:
エネルギー
発案者:
教授 鈴木 高広
キーワード:
芋エネルギー:芋メタン:バイオガス発電:空中栽培法:サツマイモ

1件中 1~1件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ