初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

希少・絶滅危惧種および古生物の遺伝資源保存と再生に関する研究

希少・絶滅危惧種および古生物の遺伝資源保存と再生に関する研究
PDFでみる

希少・絶滅危惧動物および古生物の遺伝資源保護と遺伝子の解析を行っています。また、希少・滅危惧動物および古生物を異種間核移植による体細胞クローン法によって再生する研究を行っています。

学科・所属:
生物工学技術研究センター  
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 加藤 博己
キーワード:
希少動物:絶滅危惧種:古生物:クローン:異種間核移植

生殖工学技術の開発と遺伝資源保存への応用

生殖工学技術の開発と遺伝資源保存への応用
PDFでみる

遺伝子機能を個体レベルで解析できる遺伝子操作マウスの開発支援と生殖細胞(胚・配偶子)による遺伝資源保存技術の開発および生殖補助医療分野あるいは希少な小型げっ歯類への生殖工学技術の応用を検討しています。

学科・所属:
生物工学技術研究センター  
分野:
ライフサイエンス
発案者:
准教授 安齋 政幸
キーワード:
実験動物:野生動物:生殖補助医療:胚・配偶子:凍結保存:バイオリソース

幹細胞の分化制御とクローン卵子のリプログラミング制御

幹細胞の分化制御とクローン卵子のリプログラミング制御
PDFでみる

発生・再生分野で不可欠な幹細胞の機能制御について研究しています。胚性幹細胞(ES細胞)が未分化状態を維持する仕組みや分化した細胞がクローン技術により未分化な状態にもどる仕組み(リプログラミング)について研究しています。

学科・所属:
生物工学技術研究センター  
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 三谷 匡
キーワード:
ES細胞:未分化制御:核内高次構造:リプログラミング:クローン技術

アルギニル化が制御する生命現象

アルギニル化が制御する生命現象
PDFでみる

我々のからだを構成するタンパク質はさまざまな修飾を受け、その機能を発揮しています。そのなかで、アルギニル化(Arginylation)とよばれるタンパク質修飾が動物の生殖・発生・疾患や細胞の多能性・分化とどのように関わっているかを研究しています。

学科・所属:
生物工学技術研究センター  
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 黒坂 哲
キーワード:
アルギニル化:生殖:発生:多能性:分化

家畜の生産性向上に寄与する新技術の開発

家畜の生産性向上に寄与する新技術の開発
PDFでみる

家畜の生産性向上に寄与する技術開発を目指して研究を行っています。牛では特に黒毛和種に注目し、高品質な牛肉の安定かつ効率的な生産を実現するため、肥育状態を生体評価可能な血中バイオマーカーの開発を行っています。

学科・所属:
生物工学技術研究センター  
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 松橋 珠子
キーワード:
黒毛和種:枝肉形質:繁殖成績:エクソソーム:マイクロRNA:バイオマーカー

5件中 1~5件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ