初ナビ 初めての方はこちら

研究内容紹介 >

生体機能代行装置の医用化学工学的研究

生体機能代行装置の医用化学工学的研究
PDFでみる

「ヒトの体は小型の化学プラント」であるという医用化学工学の立場から、生体機能代行装置(代謝)の機能と設計に関する研究をしています。人工腎臓や生体適合性に優れた血液透析膜の開発、臨床への応用技術など臨床工学技士の皆さんにも関連するテーマを推進します。

学科・所属:
医用工学科  医用化学工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 福田 誠
キーワード:
生体機能代行装置:人工腎臓:人工臓器:血液透析膜:高生体適合性

力学による生体の構造と機能の解析

力学による生体の構造と機能の解析
PDFでみる

生体組織の構造(かたち)と機能(はたらき)を力学的観点から解析する学問であるバイオメカニクス分野の研究を実施しています。得られた結果をもとに、臨床医学での手術手技やリハビリテージョン方法の改良を目指しています。

学科・所属:
医用工学科  バイオメカニクス研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 山本 衛
キーワード:
バイオメカニクス:生体物性:組織伸展性:損傷治癒:機能的適応

新奇な機能性生体材料薄膜の創成

新奇な機能性生体材料薄膜の創成
PDFでみる

原子レベルで薄膜を作製可能なパルスレーザ堆積(PLD)法を用い、歯や骨の主成分であるハイドロキシアパタイト、およびその化学組成を制御した生体材料の薄膜を作製し、新奇な機能材料としての応用を研究しています。

学科・所属:
医用工学科  機能調和生体材料研究室
分野:
ナノテク
発案者:
准教授 西川 博昭
キーワード:
薄膜:生体材料:機能材料:ハイドロキシアパタイト

機能材料薄膜の創製とその医療分野への応用

機能材料薄膜の創製とその医療分野への応用
PDFでみる

医療分野に必要な種々の機能材料を研究を行なっています。特に種々のレーザーを用いたリン酸カルシウム系生体材料の薄膜化技術を開発するとともに、これら薄膜を用いたエナメル質等の硬組織修復シート、インプラント等の歯科治療用材料やデバイスの研究を行っています。

学科・所属:
医用工学科  生体機能材料工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 本津 茂樹
キーワード:
レーザー:生体材料薄膜:アパタイト:インプラント

ブレイン・マシン・インタフェースの福祉機器への応用

ブレイン・マシン・インタフェースの福祉機器への応用
PDFでみる

脳波を利用したブレイン・マシン・インタフェース(Brain Machine Interface: BMI)について研究しています。手足や声などを使わずに考えるだけで意思伝達可能な装置として、 「はい」または「いいえ」だけを伝える装置や文章作成のための文字入力装置などを開発しています。

学科・所属:
医用工学科  生体医工学研究室
分野:
医療・福祉機器
発案者:
准教授 山脇 伸行
キーワード:
ブレイン・マシン・インタフェース:脳波:意思伝達装置

血液透析シミュレータシステムの開発と教育への応用

血液透析シミュレータシステムの開発と教育への応用
PDFでみる

透析治療において発生する様々なアクシデントやトラブルは、透析装置より警報音(ブザー)と警報灯(外部表示灯;LED)によって警報発生という形で出現することに注目した.透析装置から警報を発生させることができれば、アクシデントが発生したことになる.そのような状況で受講者がトラブルの原因を発見し、適切な操作手順で処置を行うことが期待される.臨床以外でシミュレーショントレーニングが行えるシミュレータの開発・研究を行っています.

学科・所属:
医用工学科  医療機器学研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 西手 芳明
キーワード:
血液透析治療:警報:アクシデント:シミュレーショントレーニング

ソフトナノセラミック・テクノロジーによる医療機器の創出

ソフトナノセラミック・テクノロジーによる医療機器の創出
PDFでみる

従来のバイオセラミックは硬い・脆いという欠点がありました。そのため、一般的に歯や骨などの硬組織に特化した使われ方がなされてきました。この欠点を独自技術で克服し、血液や内臓器など軟組織に対しても応用可能な“やわらかいセラミックス”の創出に成功しました。

学科・所属:
医用工学科  バイオマテリアル研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
教授 古薗 勉
キーワード:
医療機器:バイオマテリアル:複合材料

リソグラフィを利用したマイクロ医用システムの開発

リソグラフィを利用したマイクロ医用システムの開発
PDFでみる

半導体デバイスの微細加工技術から派生した、ソフトリソグラフィ技術を活用して、様々な形状・機能を持ったマイクロデバイスを研究・開発しています。現在は生殖医療分野への応用・ドラッグデリバリーシステムの開発を目指して各分野の専門家と共同研究を行っています。

学科・所属:
医用工学科  マイクロ医用システム工学研究室
分野:
ナノテク
発案者:
教授 加藤 暢宏
キーワード:
受精卵培養:マイクロニードル:移動マスク露光:ソフトリソグラフィ

心臓手術の安全性向上を目的とした医学シミュレータの開発と応用

心臓手術の安全性向上を目的とした医学シミュレータの開発と応用
PDFでみる

産業界のみならず医療においても、安全性の確保は絶対条件です。診断・治療を自由に選択できる現在、安全な治療・手術が求められています。医療従事者にも「安全・確実」な手技操作が求められます。私たちは、安全教育の観点から、医学シミュレータの開発し、そのシステムを使用した客観的な評価から、効率の良い医学教育手法を研究しています。

学科・所属:
医用工学科  医学シミュレーション研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
講師 徳嶺 朝子
キーワード:
体外循環技術:人工心肺装置:医学教育:シミュレーション教育

ウエストナイルウイルスに対するワクチンと抗体医薬の開発

ウエストナイルウイルスに対するワクチンと抗体医薬の開発
PDFでみる

ヒト(特に高齢者)に重篤な脳炎をおこすウエストナイルウイルスに対する感染防御免疫について研究しています。このウイルスに対するワクチンと、ヒト型中和抗体医薬の開発を目指しています。

学科・所属:
医用工学科  感染防御免疫研究室
分野:
ライフサイエンス
発案者:
准教授 正木 秀幸
キーワード:
ウエストナイルウイルス:ワクチン:抗体医薬

12件中 1~10件目

受託研究についてご相談はこちら

  1. ホーム
  2. 企業の方へ
  3. 研究内容紹介

ページ上部へ