初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

食品衛生管理学研究室

研究室は2017年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。


江口 陽子講師

食中毒菌の病原性を知り、病原性を抑える。

食中毒菌の中には、ヒトの腸内という特殊な環境下でその病原性を発現するものがあります。このような細菌では、特定のセンサーが刺激を感知し、その情報が細胞内へと伝えられることで病原性が発現します。この情報伝達系を制御して、病原菌を殺さずに病原性を抑えられるような化合物の発見を目標に研究を行っています。

最終学歴:
近畿大学大学院
学位:
博士(農学)(近畿大学)
主担当科目:
食品衛生管理学、公衆衛生学
専門分野:
微生物学、分子生物学
主な研究テーマ:
食中毒菌の病原性発現に関わる二成分制御系
前勤務先等:
近畿大学農学部

卒業論文紹介

  • 食中毒菌の抗病原性剤の探索
  • ミュータンス菌のバイオフィルム形成阻害剤の探索と解析
  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 研究室
  4. 食品衛生管理学研究室

ページ上部へ