初ナビ 初めての方はこちら

先端技術総合研究所

先端技術総合研究所HPへ

世界最先端の研究を行う専門研究所を保有。

本学の先端技術総合研究所は、海南インテリジェントパーク(和歌山県海南市)にある生物工学技術研究センター、ロボット工学・技術センター、植物センターと、高圧力蛋白質研究センター(生物理工学部キャンパス内)から構成される最先端の研究環境。文部科学省の私立大学ハイテク・リサーチ・センターと、21世紀COEプログラム研究教育拠点に選定されています。常に意欲的な研究テーマにチャレンジし、新たな研究課題を発掘する可能性と先駆的な研究成果に、各界から注目が集まっています。

文部科学省の私立大学ハイテク・リサーチ・センターと、21世紀COEプログラム研究教育拠点に認定。

高圧力蛋白質研究センター
(生物理工学部キャンパス内)

圧力を利用して蛋白質の働く仕組みを解明するとともに、その応用を開拓するための施設。高圧NMRという技術を利用し、生きて動いている蛋白質分子のかたちの変化を観測できます。

生物工学技術研究センター
(海南インテリジェントパーク内)

最先端の研究環境の下、新規の遺伝資源生物の開発と増殖技術の開発など、さまざまな研究に取り組んでいます。

ロボット工学・技術センター
(海南インテリジェントパーク内)

医学・農学・理学・工学など、幅広い先端技術と連携した実用的なロボットの技術開発に取り組んでいます。

植物センター
(海南インテリジェントパーク内)

植物の育種・改良と、バイオテクノロジーを利用した種苗生産に取り組んでいます。

先端技術総合研究所


入谷 明教授
(日本学士院会員/
21世紀COEプログラム
拠点リーダー)

家畜繁殖学を通じた発見の連続。さらにテーマを探りたい。

大型家畜やヒトの体外受精のパイオニアとして活躍し、家畜の改良に貢献しています。現在は、クローン動物の作製や遺伝子組換え動物の研究、マンモスなど、古生物学の研究に注力。家畜繁殖学を通して知る新たな生命科学の姿から、未知なる研究課題を探っています。

最終学歴:
京都大学大学院
学位:
農学博士(京都大学)
主担当科目:
発生工学特論
専門分野:
家畜繁殖学
主な研究テーマ:
動物の発生工学並びに遺伝子組換えに関する研究
前勤務先等:
京都大学農学部教授、近畿大学生物理工学部教授

高圧力蛋白質研究センター


米澤 康滋教授

生体高分子の構造や機能を電子から原子分子レベルで解明。

タンパク質やDNA等の生体高分子の構造や機能を、電子から原子分子レベルで解明するために、計算科学シミュレーションを活用。得られた結果から生命過程に新たな知見を見出すことや、最新のコンピュータで高速な計算を実現する理論やプログラムを作ることが中心です。

最終学歴:
筑波大学大学院
学位:
工学博士(筑波大学)
主担当科目:
バイオインフォマティクス
専門分野:
生物物理学
主な研究テーマ:
生体高分子の計算科学
前勤務先等:
大阪大学蛋白質研究所


櫻井 一正准教授

タンパク質分子の構造はどのようにしてできるのかそのメカニズムを探る。

タンパク質はいくつものアミノ酸がつながった“ひも”です。これが特定の構造に“折り畳む”ことで生体内での機能を獲得します。また折り畳みを誤ると、アミロイド線維という凝集体を形成し、病気を引き起こすこともあります。折り畳みやアミロイド線維形成のメカニズムをNMRなどの分光学的手法で研究しています。

最終学歴:
大阪大学大学院
学位:
博士(理学)(大阪大学 )
主担当科目:
化学Ⅰ、化学Ⅱ、化学実験、酸素化学
専門分野:
蛋白質物理化学
主な研究テーマ:
タンパク質の構造変化と運動性の研究
前勤務先等:
大阪大学蛋白質研究所

生物工学技術研究センター


三谷 匡教授

あらゆる細胞に変化する受精卵の仕組みとは?

受精卵が個体を作り出す力を利用して、ES細胞やクローン動物が生まれてきます。しかしその仕組みはまだ解き明かされていません。未分化なES細胞が他の細胞に変化する仕組みや、分化した細胞がクローン技術により未分化な状態に戻る仕組みについて調べています。

最終学歴:
京都大学大学院
学位:
農学博士(京都大学)
主担当科目:
免疫学概論、幹細胞・再生医工学
専門分野:
生殖生理学、発生生物学
主な研究テーマ:
ES細胞の分化の仕組み、クローン動物の発生、希少動物種の生殖・発生工学
前勤務先等:
徳島大学分子酵素学研究センター


加藤 博己教授

精子の生理学的働きから生命の営みを探る。

精子は雄側のゲノムを受精卵へ運ぶだけではなく、受精後のさまざまな現象に関連する因子を持ちます。そうしたほ乳類精子の因子の生理学的意義を解析。また、マンモスのような数万年前の古生物について、体細胞核移植技術を用いた再生の可能性を探っています。

最終学歴:
京都大学大学院
学位:
博士(農学)(京都大学)
主担当科目:
ゲノム解析学、神経科学
専門分野:
生殖生理学、分子生物学
主な研究テーマ:
精子に存在するRNAに関する研究、古生物再生に関する研究
前勤務先等:
近畿大学生物理工学部研究員、日本学術振興会研究員


安齋 政幸准教授

病気と関係する遺伝子の解明をめざし遺伝子改変マウスを作製。

遺伝的な要因があると考えられる病気の診断・治療や予防法を研究するために、遺伝子の機能解析が課題となっています。遺伝子機能を個体レベルで解析できるよう、効率的な遺伝子改変マウスの作製技術や、胚・配偶子の動物資源保存技術を開発しています。

最終学歴:
放送大学
学位:
博士(工学)(近畿大学)
主担当科目:
実験動物学、遺伝子工学実験Ⅱ
専門分野:
実験動物学、発生工学
主な研究テーマ:
動物資源保存技術および発生工学技術開発に関する研究
前勤務先等:
(株)ジェンコム 主任研究員


黒坂 哲講師

生命現象の鍵を握るアルギニン

我々のからだを構成するタンパク質はさまざまな修飾を受け、その機能を発揮しています。その中で、アルギニンがタンパク質の表面に結合するアルギニル化(Arginylation)と呼ばれるタンパク質修飾に着目し、アルギニル化が動物の生殖・発生や細胞の多能性・分化にどのように関わっているかを研究しています。

最終学歴:
京都大学大学院
学位:
博士(農学)(京都大学)
主担当科目:
生殖医療工学、生命倫理
専門分野:
生殖生物学、発生生物学
主な研究テーマ:
生殖細胞・初期胚・多能性幹細胞におけるタンパク質アルギニル化の機能の解明
前勤務先等:
ペンシルベニア大学獣医学大学院


松橋 珠子講師

哺乳類の分子情報で人々の生活を豊かにする

大学では数多くの研究活動により優れた発見が日々産み出されていますが、農家などの生産現場で活用される機会は、まだ少ないのが現状です。肉牛の太りやすさを評価する生体内物質の特定など、現場で使いやすい技術の開発と普及をすすめます。

最終学歴:
東京大学大学院
学位:
博士(獣医学)(東京大学)
主担当科目:
公衆衛生学
専門分野:
畜産学、分子遺伝学
主な研究テーマ:
牛の経済形質を向上するメカニズム
前勤務先等:
岐阜県(畜産研究所、畜産課)

ロボット工学・技術センター


久保田 均講師

ロボットを水産や介護の分野へ新しい用途開発に注力。

ロボットの水産養殖、介護分野への応用研究をしています。具体的には、水産研究所・水産養殖種苗センターと共同で、画像処理を使った稚魚の選別システムの自動化および、トレックレッグという人搭載型4足歩行ロボットの研究をしています。

最終学歴:
大阪大学大学院
学位:
工学修士(大阪大学)
主担当科目:
ロボット制御技術論、科学技術と人間・社会
専門分野:
ロボット工学
主な研究テーマ:
稚魚選別システムの自動化
前勤務先等:
パナソニックファクトリーソリューションズ(株)

植物センター


瀧川 義浩准教授

コケ植物を用いて、病気に対するメカニズムを研究。

コケ植物の特殊な「葉表面構造」に着目し、植物病原菌に対する病害応答に関する研究を展開しています。高等植物では考えられないような現象がコケ植物葉表面では観察され、その研究結果は、様々な産業にも役立つものと考えています。

最終学歴:
-
学位:
博士(農学)
主担当科目:
バイオテクノロジー技術論ほか
専門分野:
蘚苔類病理学、植物病理学
主な研究テーマ:
植物病原菌の感染行動を利用したコケ植物の防御戦略の解明、コケ植物と菌類の関わり合いに関する研究、植物病害防除のための微生物資材の探索と生物防除法の開発
前勤務先等:
-
  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 先端技術総合研究所

ページ上部へ