初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

細胞工学研究室

研究室は2017年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。


秋田 求教授

遺伝子操作も行いながらヒトに有用な植物を開発していく。

植物のさまざまな能力をうまく利用するにはどうすれば良いかを明らかにすること、人間の生活に役立つ植物を遺伝子操作技術も利用しながら開発することが大きなテーマです。現在は主にコケに注目して、その働きを緑化へ応用することや、ストレス耐性の仕組みを解明することに取り組んでいます。

最終学歴:
筑波大学大学院
学位:
博士(農学)(筑波大学)
主担当科目:
生物工学基礎、細胞培養工学
専門分野:
植物細胞工学、農芸化学
主な研究テーマ:
培養技術を利用した有用植物の開発
前勤務先等:
協和発酵工業(株)研究員


大和 勝幸教授

ゼニゴケの遺伝情報から種子植物の進化の過程を探る。

ゼニゴケは、地球で初めて水中から陸上に上がった植物の性質を、今でも多く保っています。そこで、ゼニゴケと種子植物の遺伝情報「ゲノム」を比較することで、種子植物の進化の過程を解明。中でも、有性生殖にかかわる遺伝子セットを明らかにし、受精などの仕組みを知りたいと思っています。

最終学歴:
京都大学大学院
学位:
博士(農学)(京都大学)
主担当科目:
細胞生物学Ⅰ・Ⅱ、バイオインフォマティクス
専門分野:
比較ゲノム学、植物分子遺伝学
主な研究テーマ:
植物の陸上進出、有性生殖
前勤務先等:
京都大学大学院生命科学研究科

卒業論文紹介

  • C3とC4光合成相互転換植物(Eleocharis vivipara)の研究
  • 精子が卵に接近・融合するしくみの解明
  • コケにおける病害抵抗機構の解明
  • ゲノム編集による植物の機能改変
  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 研究室
  4. 細胞工学研究室

ページ上部へ