初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

臨床工学系

研究室は2017年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。

バイオマテリアル研究室


古薗 勉教授
(臨床工学技士)

ナノテク・バイオマテリアルによる医療機器の創出と治療法開発に挑む。

臨床工学技士として臨床の場で研鑽を積んだ後、研究者に転身し、国立研究機関で基礎研究から応用化までを実践してきました。独自のナノテクノロジーによるバイオマテリアルから医療機器の創出を目指します。具体的には、抗菌・静菌材料、感染を防ぐ医療機器、糖尿病合併症治療法の開発などを手がけています。

最終学歴:
鹿児島大学大学院
学位:
博士(工学)(鹿児島大学)
主担当科目:
バイオマテリアル、医用治療機器学、臨床工学特別演習Ⅰ
専門分野:
医用材料工学、人工臓器学、透析医学
主な研究テーマ:
ナノ複合マテリアルによる医療デバイスの開発
前勤務先等:
国立循環器病センター研究所・室長

医用化学工学研究室


福田 誠准教授

ヒトの体を小型化学プラン卜にみたて生体機能代行装置の開発に取り組む。

循環器系、代謝系それぞれの代表的な人工臓器である人工心肺や人工腎臓の開発を行います。いずれも生体肺や腎臓の機能がお手本です。医工、産学連携も実践したい。これからのチーム医療を担う臨床工学技士には、医用工学に係る高度な学問的素養が必須だと感じています。是非研究室活動を充実させて、馴染みを創って下さい。

最終学歴:
早稲田大学大学院
学位:
博士(工学)(早稲田大学)
主担当科目:
生体機能代行装置学Ⅱ、医用機器安全管理学Ⅱ、基礎医学実習、システム工学実習
専門分野:
医用化学工学
主な研究テーマ:
人工腎臓・人工肺の至適設計,人工臓器の生体適合性発現に関する研究
前勤務先等:
-

医療機器学研究室


西手 芳明講師
(臨床工学技士)

医療機器の安全管理および生体情報管理システムの研究・開発

臨床工学技士は工学的な知識・技術・センスを医療に役立てます。医療現場には多くの生命維持管理装置および医療機器が存在し、これらを安全に管理・運用して医療に貢献することが求められます。医療機器の基本的な操作方法の修得を支援する技術の研究や、アクシデントへの対処方法を学ぶためのシミュレーショントレーニングが行えるシミュレータと、そのプログラムの開発に取り組みます。

最終学歴:
九州保健福祉大学大学院
学位:
博士(保健科学)(九州保健福祉大学)
主担当科目:
生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ、臨床工学特別演習Ⅰ、生体機能代行装置学実習
専門分野:
生体機能代行装置学
主な研究テーマ:
血液透析シミュレータ開発 、医療機器の安全使用に関する研究
前勤務先等:
公立学校共済組合 北陸中央病院

医学シミュレーション研究室


徳嶺 朝子講師
(臨床工学技士)

生命維持管理装置を操作する臨床工学技士の訓練方法を開発。

高機能シミュレータマシンを教育ツールとして取り入れる施設が増加していますが、手術環境および状況を再現できるシステムは多くありません。当研究室では、安全な手術のために効率よくトレーニングが行えるための複合シミュレーションシステムや操作支援を目的としたソフトウェアの開発を行っています。

最終学歴:
広島国際大学大学院
学位:
博士(医療工学)(広島国際大学)
主担当科目:
医用機器学概論、医用機器安全管理学Ⅰ、医用機器安全管理学実習
専門分野:
臨床工学
主な研究テーマ:
体外循環技術修得のための教育用シミュレータシステムの開発、人工臓器内の血栓生成の抑制に関する研究
前勤務先等:
広島国際大学保健医療学部

卒業論文紹介

  • ナノテクノロジーによる感染制御マテリアルの開発
  • 静菌性システム概念の創出と材料開発
  • 多目的臨床応用を目指した再生医療用足場材料の開発
  • 人工肺の至適設計と血液流動およびガス交換能に関する研究
  • オンライン大量液置換HDFの操作条件の検討
  • 人工腎臓の開発
  • 血液透析シミュレータシステムの研究
  • 医療機器の安全使用に関する研究
  • 医療機器管理システムの研究
  • 生体情報管理システムの研究
  • 血液循環シミュレーションモデルの考案および体外循環シミュレータの開発
  • 体外循環自動制御システムの開発
  • 医学教育シミュレーションツールの開発
  • 血液回路内の血栓形成のシミュレーションモデルによる解析と流体可視化実験による複合検証
  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 研究室
  4. 臨床工学研究室

ページ上部へ