初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

発生遺伝子工学研究室

研究室は2017年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。


細井 美彦教授

ES細胞、クローンなど繁殖生理学に関するテーマ全般を扱う。

カニクイザル細胞とウサギ卵母細胞を用いた異種間核移植胚の作製と、その胚由来のES細胞の樹立を試み、再生医療分野での応用をめざします。ES細胞とは、あらゆる臓器を形作る可能性を持つ細胞です。また、アマミノクロウサギの耳の細胞を使ったクローン個体の再生も試みています。

最終学歴:
京都大学大学院
学位:
農学博士(京都大学)
主担当科目:
発生生物学Ⅰ・Ⅱ、生殖医療工学
専門分野:
生殖生理学、受精生理学
主な研究テーマ:
各種動物の胚性幹細胞樹立に関する研究
前勤務先等:
京都大学農学部助手


山縣 一夫准教授

受精卵を見る、触れる、活かす。

哺乳動物の生殖、特に精子や卵子が作られる過程や、受精、その後の初期胚発生について、細胞核内でのイベントに着目しながら「顕微鏡で見る」研究をしています。それらを通じて不妊症の解明や、家畜動物の繁殖へ貢献することを目指しています。

最終学歴:
筑波大学大学院
学位:
博士(農学)(筑波大学)
主担当科目:
分子発生学、発生工学
専門分野:
生殖生物学、発生工学
主な研究テーマ:
哺乳動物初期胚発生過程の時空間的定量化による「卵子の質」に対する考察、生殖細胞系列特異的に見られる核ダイナミクスの意義に関する研究、科学的根拠のある新規胚培養技術の開発および改善
前勤務先等:
大阪大学微生物病研究所

卒業論文紹介

  • 凍結によるウサギ未成熟卵胞の体外発育への影響
  • マウス初期二次卵胞の二段階発育培養におけるPVPを用いた立体構造維持の検討
  • 卵胞培養過程で生じる細胞死を利用した評価基準の作成
  • ICRマウスにおけるインヒビン抗体を用いた超過剰排卵誘起法の適週齢の検討
  • ウサギにおけるインヒビン抗体を用いた超過剰排卵誘起法の検討
  • マウスZGAにおけるNascent RNAの局在解析
  • マウス初期胚におけるATP 動態イメージング
  • ライブセルイメージングを用いたウシ胚の定量的評価法の構築
  • 単一マウス胚性幹細胞(mESCs )の継時的な観察の試み
  • セントロメア領域におけるエピゲノム編集が発生に与える影響
  • 3Dプリンターを用いたマウス受精卵の創出
  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 研究室
  4. 発生遺伝子工学研究室

ページ上部へ