初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

分子遺伝学研究室

研究室は2017年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。


宮下 知幸教授

生物が作る硬組織を対象に組織形成の制御機構を解明。

生物が骨や貝殻・真珠などの無機・有機から成る硬い組織(硬組織)を形成することを、バイオミネラリゼーションと言います。研究課題は無脊椎動物におけるバイオミネラリゼーションの分子機構の解明。アコヤ貝の貝殻・真珠をモデルに、硬組織形成を制御するタンパク質とその遺伝子に関する研究を行っています。

最終学歴:
大阪大学大学院医学研究科
学位:
医学博士(大阪大学)
主担当科目:
分子生物学Ⅰ・Ⅱ、タンパク質機能学
専門分野:
分子生物学
主な研究テーマ:
硬組織形成の分子機構
前勤務先等:
大阪大学微生物病研究所


髙木 良介講師

アコヤ貝の異なる2つの層を作るタンパク質の働きとは。

アコヤ貝を材料に用いて、生物の硬組織の形成機構を解明する研究を行っています。アコヤ貝は稜柱層と真珠層という結晶構造の異なる2つの層から構成されており、この違いはそこに含まれる少量のタンパク質の働きと考えられています。現在、アコヤ貝の稜柱層からタンパク質を抽出し、機能の解析を進めています。

最終学歴:
近畿大学大学院生物理工学研究科
学位:
博士(工学)(近畿大学)
主担当科目:
遺伝子工学実験、専攻科目演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
専門分野:
分子生物学
主な研究テーマ:
貝殻形成に関与する遺伝子、たんぱく質の解析
前勤務先等:
(株)メイスイ

卒業論文紹介

  • アコヤ貝および真珠の硬組織形成に関与するタンパク質の抽出・精製について
  • アコヤ貝および真珠の硬組織形成に関与するタンパク質の生化学的性状と機能解析
  • アコヤ貝および真珠の硬組織形成に関与する遺伝子のcDNAクローニング・塩基配列の決定
  • アコヤ貝および真珠の硬組織形成に関与する遺伝子のゲノムDNAクローニングと遺伝子の発現調節
  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 研究室
  4. 分子遺伝学研究室

ページ上部へ