初ナビ 初めての方はこちら

医用工学科

学科HPへ

工学・医学・臨床現場の状況に精通した広範囲の知識を持つ新しいエンジニアを育てる。

先端医療機器の発展は、理工学分野の新しい知識や技術を医学分野に応用した成果です。そのため、工学の知識はもちろん、医学の知識と臨床現場の状況にも精通したエンジニアが必要とされています。
本学科では工学系科目と医学系科目をバランスよく開講し、指定科目の単位修得で臨床工学技士国家試験の受験資格が取得可能です。医療機器の操作・保守・管理から研究・開発まで対応できる人材を育成します。

現場での体験を通して専門知識・技術を磨き、生命・医療に対する高い倫理観を学ぶ。

本学科では人間教育にも力を入れ、高い倫理観を持つ医療機器開発のスペシャリスト育成をめざしています。医療現場で長年の実務経験を持った臨床工学技士を教員に迎え、本学医学部教員が医学系科目の一部を担当。
近畿大学医学部附属病院などと連携した臨床実習を導入し、実践的な学びを提供しています。医療系企業での医療機器開発や、臨床工学技士として活躍することをめざす方に最適な学習環境です。

将来の進路

  • 病院等医療機関
  • 大学等研究機関
  • 医療機器メーカー研究・開発職
  • 分析機器メーカー研究・開発職
  • 測定機器メーカー研究・開発職
  • 産業用機械メーカー研究・開発職
  • 教員
  • 公務員 など

目標とする資格・検定

  • 高等学校教諭一種(理科)
  • 臨床工学技士(国家資格)受験資格
  • 第1種・第2種ME技術者 など

カリキュラム

医用工学技術者に必要な知識と技術、人間性を備えた人材を育成。

物理・数学などの基礎の上に、電気・電子工学、機械工学などの工学系および基礎医学系の科目群を積み上げます。
これに加えて医療機器の仕組、操作法、安全管理などを学習します。
実験や実習により、医用工学技術者に求められる技術とコミュニケーション能力を培います。

※カリキュラムは2014年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。

TOPICS|医学シミュレーション研究室

安全な手術施行をめざして~心臓手術のための教育システムの開発と応用~

航空機のパイロットは、実機を使用した訓練に先だって、シミュレータを使用して飛行トレーニングを行います。シミュレータによる教育の利点は、訓練者及びその対象となる人やモノを危険にさらすことなく、繰り返しトレーニングを行えることです。近年、「高機能患者シミュレータ」を中心としたシミュレーションを医学教育に取り入れる施設が増加しています。臨床工学技士が大きくかかわる開心手術においても執刀医・麻酔医・臨床工学技士の連携シミュレーショントレーニングが増えてきました。しかしその機能はまだ十分とは言えず、手術環境そのものを再現できるシステムは多くありません。当研究室では、手術を安全に行える技術を効率よくトレーニングするための複合シミュレーションシステムを開発しています。同時に、シミュレーション教育は本当に有効なのかという課題に対して、大学病院などの臨床現場と共同で教育効果を検証する研究を行っています。

  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 医用工学科

ページ上部へ