初ナビ 初めての方はこちら

食品安全工学科

学科HPへ

「食」に関する情報を科学的に評価し、実用的に応用できる人材を育成。

人類は古くから環境との適合を図り、安全で機能に優れた食の技術を発展させてきました。今では食の多様化と流通のグローバル化で食卓は華やかになりましたが、同時に残留物や添加物、病原体などにより安全性が脅かされています。そこで本学科では、食の安全を守り、機能に優れたものにする科学的な知識と技術を持ち、食品生産、製造加工、食品衛生などの分野で活躍できる人材を育成しています。

「食」を取り巻く問題をいろいろな視点からとらえ、解決に導く7つの研究室。

本学科では、分子生化学や機能性タンパク質工学を中心とした食の安全性と機能性の基礎的研究から、環境適合性に配慮した食品衛生管理システムの構築や食品機能性素材の開発などの応用研究に至るまで、幅広い教育と研究を行っています。そのため、食品保全学や動物栄養学など分野別に7種類の研究室を設置。各研究室がそれぞれの専門分野において、食の安全に関係したさまざまな研究を進めています。

将来の進路

  • 食品業界研究・開発職
  • 化学薬品業界研究・開発職
  • 化粧品業界研究・開発職
  • 医薬品業界研究・開発職
  • 医療・保健業
  • 研究機関
  • 教員
  • 公務員 など

目標とする資格・検定

  • 高等学校教諭一種(理科)
  • 中学校教諭一種(理科)
  • HACCP管理者
  • 食品衛生管理者(任用資格)
  • 食品衛生監視員(任用資格)
  • 甲種危険物取扱者
  • 技術士
  • 毒物劇物取扱責任者 など

カリキュラム

「食の安全と機能」を農学と工学の学際的・統合的システムでとらえ、
生命科学・生命工学からイノベーションの創出までを視野に入れた実学的教育。

9区分に分かれた科目区分のうち、食品基礎(学科基礎)、食生産環境、食品管理評価、食品機能工学、生命機能工学の5区分は、
学科の基幹専門分野の科目を年次とともに無理なく基礎から応用に進めるように配置。また、食糧生産技術、生命情報、応用生命工学の
3区分は、他学科の専門科目を一部取り込んで、より広く動植物の生物工学的・遺伝子工学的な知識を得られるようにしています。

※カリキュラムは2014年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。

TOPICS|食品システム学研究室

「突核無」加工技術および安全性・品質の保持技術の開発

商品開発の成功事例からわかる、「経験価値」の具体化

「ヒット商品を生み出す仕組みづくり」は、食品企業の経営上最も重要なテーマの1つです。特に、商品開発において「経験価値」が注目されていますが、成功事例などの分析からこの「経験価値」がどのように具体化され、食品企業の持続的な競争優位が達成できているのかを実証的に研究しています。このような取り組みから、「梅わかもち丸」(平成26年)は企画・販売されました。また、この「経験価値の創造と提供」の関連から、地域活性化にも取り組んでいます。福島県川俣町(近畿大学が取り組んでいる東日本大震災復興支援地区)では、町内にある「食と農の資源」に「観光資源」を加え、それぞれの資源の新たな組み合わせとその一体的活用をはかりながら「経験価値の創造と提供」を行い、地域活性化を実現する取り組みを行っています。平成27年は、研究室の学生も参加して観光客を対象にしたアンケート調査を実施しました。今後もこのような活動を継続するつもりでいます。

  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 食品安全工学科

ページ上部へ