初ナビ 初めての方はこちら

遺伝子工学科

学科HPへ

ゲノムサイエンスからバイオメディカルまで、多角的・総合的な視点で遺伝子工学を追究。

生命現象を分子レベルから個体・集団まで、空間的・時間的スケールで統括的に理解するため、遺伝情報の解読と遺伝子工学の基礎を学び、ポストゲノム時代の遺伝子工学的探求法を修得。また、体外受精などの生殖工学技術や遺伝子組換え動物作製、 ES細胞操作などの遺伝子工学技術を修得し、医療・創薬・食物生産・環境保全の分野で、遺伝子操作や胚操作技術を駆使して活躍できる人材を育成します。

社会で即戦力として活躍できる知識・技術を修得。また、大学院を経て研究者の道を歩む。

遺伝子工学に不可欠な遺伝子操作方法の原理を理解した上で適切に使いこなすための演習や実験があり、着実な技術修得が可能。卒業研究では、最先端の研究テーマに取り組めます。さらに、企業や政府関係研究機関に就職するにはより高度な専門的スキルが必要なため、毎年多くの卒業生が医学・理学・農学系の大学院に進学。卒業後は、胚培養士やMR職など、専門知識を生かして活躍しています。

将来の進路

  • 医薬品業界MR職
  • 医薬品業界研究・開発職
  • 化粧品業界研究・開発職
  • 化学薬品業界研究・開発職
  • 食品業界開発職
  • クリニック・医療業
  • 研究機関
  • 教員
  • 公務員 など

目標とする資格・検定

  • 高等学校教諭一種(理科)
  • 中学校教諭一種(理科)
  • 生殖補助医療胚培養士
  • 食品衛生管理者(任用資格)
  • 食品衛生監視員(任用資格)
  • 甲種危険物取扱者
  • 技術士
  • 毒物劇物取扱責任者 など

カリキュラム

生命現象を総合的な観点から学び、遺伝子操作技術を修得。

発生遺伝子工学・応用遺伝子工学・分子発生工学・分子遺伝学・分子情報解析学の研究室があり、分子・細胞・個体の各レベルでの
生命現象を総合的に理解できるカリキュラムです。また、本学科は、21世紀COEプログラム「食資源動物分子工学研究拠点」などに
代表される研究プログラムを通して、柔軟な思考を持ち、世界で活躍できる研究者や技術者を育成しています。

※カリキュラムは2014年度のものです。2018年度は変更になる場合があります。

TOPICS|発生遺伝子工学研究室

卵子を測って創って理解する

発生遺伝子工学研究室では、哺乳動物受精卵の発生を観察・操作して、生殖医療や再生医療、家畜繁殖・絶滅種の復活などに貢献します。観察には普通の顕微鏡だけでなく共焦点レーザー顕微鏡なども用いることで、例えば右の写真のように受精卵が分裂しているときのDNAの様子なども解析しています。撮った画像は、最新の画像処理技術を駆使して様々な現象を数値として表現します。また、学科内の別の研究室では、ゲノム解析や微量タンパク質の質量分析、それから得られた大量のデータをコンピューターを使って解析するバイオインフォマティクスなども使っています。それ以外にも、各種遺伝子組換え技術や効率的な細胞培養法の開発などを通じて、トータルとして科学・社会に貢献することを目指します。

受精から12時間毎に発生した初期胚

共焦点レーザー顕微鏡でとらえたマウス受精卵の発生の様子。赤色はDNA、緑色は分裂装置です。写真の中の数字は観察開始からの(日数)、時間、分です。上段は生命誕生から最初の分裂を、下段はその後の卵割の様子を示しています。実際は5分間隔で4日間近く連続で観察をしています。
  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 遺伝子工学科

ページ上部へ