組織的な大学院教育改革推進プログラム《 社会の要求に応える動物生命工学の実践教育 》
side-top
ごあいさつ
講義レポート評価システム(学内からのみアクセスできます)
インターフェース特別講義等アーカイブ【FLASH・動画ストリーミング】(学内からのみ視聴できます)
文部科学省・組織的な大学院教育改革推進プログラムのページへ
日本学術振興会・組織的な大学院教育改革推進プログラムのページへ
近畿大学 生物理工学部
side-end
.
.

《 改革2 》
大学院教育実質化のための
「 組織的教育体制の整備強化 」

充実した大学院教育サポートシステム

 全学的な教育研究体制の強化と恒常的な支援策の構築をめざして発足した 「近畿大学21世紀教育改革委員会」(委員長:学長)のもと、 大学院改革に伴う様々な組織的教育サポート体制を整備しています。

 あらたな指導体制や充実した教育環境、学外連携の強化をはじめ、 学生の高い学習意欲に応える経済的な支援制度も充実させています。 さらに、国内外の有識者で構成された大学院評価委員会による評価・フォローアップ体制を強化し、 魅力ある大学院づくりを進めています。

【1】学位授与までの多元的なプロセス管理

 社会に貢献できる研究の取組みと課程年限内の学位授与を実現するために、3名の指導教員が博士課程の 四半期ごとに学位論文の進捗状況をチェック。
最先端の研究活動が円滑かつ確実に進められるよう、そのプロセスを明確にします。
また、学外の審査委員による学位論文の審査を実施し、内容の高水準化を図ります。

【2】情報機器を用いた教育設備の充実

 すべての学生に対するパソコンの貸与やキャンパス内の無線LAN環境の整備はもちろん、IRS(イントラネット・リ サーチレポートシステム)による最新の履修・研究指導体制を設置します。 これにより学外にいる客員教授の指導や最新の映像資料の配信、 データベースを駆使したキャリアサポートを学生は容易に受けることができます。

【3】教員活動の活性化措置

 世界最高水準の研究に携わる21世紀COEプログラムの事業推進担当者を大学院教育に参画させるほか、 先端技術総合研究所の外国人客員教授を含む海外招講者による特別講義を開講します。
さらに、優れた能力を有する博士後期課程学生に一定の責任と権限を与えて、ワークショップ・セミナー運営等の 教育補助者(TA)として積極的に教員活動に参加させます。

【4】大学独自の経済的な学生支援の充実

本学では平成14年度からCOE大学院学費免除・減免制度を導入し、成績優秀な学生へのサポートを続けています。 (前期課程・後期課程で各10名)
さらに、顕著な成果を見せる博士後期課程の学生(5名)を対象に、月額10万円の奨学金支給制度も設置しました。
その他、TA・RA(リサーチアシスタント)制度など多彩な支援体制によって、 志ある学生の経済的な負担を大きく軽減しています。
また、国内外の学会発表に対する経済的支援も充実しています。

【5】学生のキャリアサポート体制の展開

 学生の就職活動を支えるためにキャリアサポート支援室を開設し、 研究経験豊富な複数の教員がキャリア相談を担当し、めざす将来の選択とキャリアの構築を支援します。
また、異なる学修歴を持つ学生同士が交流し、刺激しあえるよう、開放型の大型学生室を整備し、 専門分野外の知識に触れられる貴重な場として活用できます。








.
.