組織的な大学院教育改革推進プログラム《 社会の要求に応える動物生命工学の実践教育 》
side-top
ごあいさつ
講義レポート評価システム(学内からのみアクセスできます)
インターフェース特別講義等アーカイブ【FLASH・動画ストリーミング】(学内からのみ視聴できます)
文部科学省・組織的な大学院教育改革推進プログラムのページへ
日本学術振興会・組織的な大学院教育改革推進プログラムのページへ
近畿大学 生物理工学部
side-end
.
.

【 学生活動報告 】 海外研究インターンシップ 

◆H20年度 海外研究インターンシップ

1.  
氏名 所属
・学年
担当教員 研究室名 期間
佐藤 学
(さとう まなぶ)
生物理工学研究科 博士後期課程3年 松本和也 発生遺伝子工学 H20.11.15~H20.12.1
(17日間)
研究課題名 国名 研究機関名 指導
教員名
報告書PDF
ヒト体外成熟ー体外受精ならびにヒト卵子凍結における技術習得 カナダ マギル大学マギル生殖センター Seang Lin Tan H20海外研究インターンシップ報告書・佐藤 学(PDFファイル・738KB)

2.  
氏名 所属
・学年
担当教員 研究室名 期間
竹原 俊幸
(たけはら としゆき)
生物理工学研究科 博士後期課程2年 細井美彦 発生遺伝子工学 H20.11.17~H21.1.13
(57日間)
研究課題名 国名 研究機関名 指導
教員名
報告書PDF
カニクイザル生殖幹細胞の樹立 アメリカ ピッツバーグ大学医学部 Gerald Schatten,Ph.D. H20海外研究インターンシップ報告書・竹原 俊幸(PDFファイル・412KB)

2.  
氏名 所属
・学年
担当教員 研究室名 期間
申 承旭
(しん すんうく)
生物理工学研究科 博士後期課程2年 松本和也 発生遺伝子工学 H20.12.15~H21.2.10
(63日間)
研究課題名 国名 研究機関名 指導
教員名
報告書PDF
Es cellやStem cellから脳神経細胞や生殖細胞への分化誘導及び分子メカニズム解明 アメリカ ハーバード大学医学部 Seaing Lin Tan H20海外研究インターンシップ報告書・申 承旭(PDFファイル・628KB)







































.
.