初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

大学院教育方針

生物理工学研究科における教育理念および教育目的

教育理念

生物理工学研究科は、生物系と理工学系の伝統的な科学・技術に裏打ちされた学際的な先端学術分野に係わる未来志向の教育研究理念のもと、科学技術の進展と幅広い分野の課題に対応できる先見的な洞察力と創造力の涵養、そして高い倫理観と自主独往の精神を兼ね備えた人格の陶冶を目的とし、地域社会との連携とともに地球社会との調和、さらに人類社会の福祉と持続的発展に貢献する優れた研究者と高い専門性を有する技術者を育成します。

教育目的

生物理工学研究科は、生物理工学部の理念・目的を踏まえ、その一層の高度化、深化をはかることを基本的な目的とし、ヒトを含む生き物と機械論的世界観を融合し、生物学と工学との学際領域の教育と研究を拡大するための方向性を模索しています。

それぞれの分野が、個別に遂げた発展を融合し、さらなる学際領域を模索しようとするものです。新しい学際領域の発展は、自然と共生・共存する人類の文明社会の持続的な開発と発展を可能とします。

そのために、新しい視点に立った学際的教育を行うことによって広い教養と良識を具え、洞察力と創造性に富んだ国際的に通用する高級研究技術者を養成することを目標にしています。

本研究科では、学生と教員が密接に協力し合い、適切な教育課程に従って自然科学の幅広い分野を融合した学際分野の教育と研究を発展させ、生物学および理工学的素養・背景を有する高級技術者および研究者を養成し、人類社会の発展に貢献します。

生物理工学研究科の教育方針

生物理工学研究科

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

生物理工学研究科の教育目標は、広い視野に立って精深な学識を授け、生命科学と理工学の学際分野における高い研究能力と専門的な職業を担うための卓越した能力を養うことにあります。特に、次世代の産業技術を創出し、人類の持続的な発展と豊かな社会の形成に貢献する、国際的視野と豊かな創造性を備えた人材の育成を目指しています。
本研究科では、以下にあげるような人物像を備えた人を国内外から広く受け入れるために、学内推薦入学選考、学内入学選考、一般入学選考、社会人入学選考、外国人留学生入学試験を実施します。各選考・入学試験では、外国語・専門科目の成績(学力試験成績、学部成績、博士前期課程成績の一部または複数の成績)に加えて面接試問を課すことによって、学士課程(博士前期課程志願者)あるいは修士課程(博士後期課程志願者)における基礎学力、語学力および国際的な視野と高い倫理観を持つ高度専門技術者・研究者として社会に貢献する意欲等を測り、総合的な評価によって選抜を行います。なお、外国人留学生入学試験では、日本学生支援機構実施の「日本留学試験(日本語)の成績」の結果も加味します。
本研究科が大学院の各課程において受け入れを望むのは以下のような人です。

  1. 学士課程(博士前期課程志願者)または修士課程(博士後期課程志願者)に相当する生命科学と理工学に関する基礎能力を修得した人。
  2. 専門分野ならびに分野横断的な幅広い知識を習得するための基礎的な語学力と高いコミュニケーション力を有する人。
  3. 専門分野の新しい知識・技術を積極的に吸収し、論理的な思考に基づき独創的な研究課題を探り、それを解決するための研究意欲がある人。
  4. 学問の探求を通して、高い倫理観と豊かな人間性を備える意志がある人。
  5. 国際的な視野に立ち、豊かな学識をもつ研究者・技術者として社会貢献を目指す人。
  6. 研究を通じて得られた成果を社会に還元し、社会貢献に対する意欲が高い人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

生物理工学研究科では、21世紀の社会が直面する「食糧」、「医療・福祉」、「人間生活の環境」における学際的分野の課題に取り組むことができる、広い教養と良識を備え、洞察力と創造性に富んだ国際的に通用する高度の技術者・研究者を養成することを目標としています。この教育理念と教育目的を達成するために、複数指導教員制のもと、コースワークとリサーチワークで構成される学際的教育カリキュラムを編成しています。

博士前期課程

[ コースワーク ]
社会のニーズに対応できる豊かな教養に裏打ちされた専門性を高める教育プログラムを各専攻の人材育成目標に沿って提供します。学生は、専門科目群の中から専修科目を選択し、高度な専門的知識と最先端の科学技術を修得します。各専攻の専門科目は分野群として編成され、分野横断的な講義・実習により生物理工学の幅広い知識・技術と深い洞察力を培うとともに、科学倫理や生命倫理を育みます。また、英語能力、プレゼンテーション能力など総合的なコミュニケーション能力を習得し、グローバル社会で活躍できる資質を身につけます。さらに、専攻の枠を超えた学際領域選択科目では、産業界との連携によるイノベーションマインドの醸成を図ります。

[ リサーチワーク ]
学生は、専門科目群の中から専修科目を選択し、特別研究での指導教員による研究指導のもと研究課題に取り組みます。学生は、高度な専門的知識と最先端の科学技術を修得する過程で、論理的思考方法、科学的倫理観を身につけます。

博士後期課程

[ コースワーク ]
国際的視野と創造的思考のもと、先端的な学術研究を遂行することにより、社会のリーダーとして自立した研究者、高度専門技術者の育成を目的とした教育プログラムを各専攻の人材育成目標に沿って提供します。学生は、専門科目群の中から専修科目を選択し、指導教員による研究指導のもと、自立的研究者・高度専門技術者としてリーダーシップを発揮しグローバル社会の発展に資する能力を自ら開発します。

[ リサーチワーク ]
学生は、専門科目群の中から専修科目を選択し、特殊研究での指導教員による研究指導のもと研究課題に取り組みます。学生は、高度な専門的知識と最先端の科学技術を修得する過程で、課題発見能力、課題解決能力を培い、論理的思考方法、科学的倫理観を身につけます。さらに、当該専門領域に係る研究成果の情報発信を通じて、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を開発することで、自立した研究者、高度専門技術者としての実践能力が培われます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

生物理工学研究科では、各課程において複数指導教員制のもと、カリキュラムポリシーに則り配置された教育課程に従って幅広い学際的分野の知識の習得と研究課題の遂行を果たし、生物理工学的学識及び高い倫理観を併せ持つ研究者・高度専門技術者としての資質を身につけた者に対して、以下の方針を以て、修士(工学)および博士(工学)の学位を授与します。

博士前期
  1. 近畿大学学位規定に定める修了に必要な単位を修得すること。
  2. 修士論文を提出し、公聴会で発表し審査を受け、最終試験に合格すること。修士論文の審査と試験は、複数の審査委員により研究を遂行するのに必要な基礎知識、研究手法、課題解決能力、学術的意義、新規性、社会的貢献度などをもとに行われる。
  3. 生物理工学に関する高度な専門知識と幅広い見識、高い倫理観を備え、高い研究能力及び思考力を以て社会の要求に応える能力を身につけること。
博士後期課程
  1. 近畿大学学位規定に定める修了に必要な単位を修得すること。
  2. 博士論文を提出し、公聴会で発表し審査を受け、最終試験に合格すること。博士論文の審査と試験は、複数の審査委員により研究を遂行するのに必要な高度な専門知識、研究手法、課題発見能力、課題解決能力、学術的意義、新規性、社会的貢献度などをもとに行われる。
  3. 生物理工学に関する高度な専門知識と幅広い見識、高い倫理観を備え、豊かな創造力を培い、自立した研究者・高度専門技術者として高い研究能力及び思考力を以て主体的に国際社会の要求に応える能力を身につけること。

生物理工学研究科 生物工学専攻

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

生物学と工学の学際領域でのバイオテクノロジーを推進し、動植物・微生物の分子生命工学、生殖再生や生体機能分子工学、生命環境および食の機能・食の安全工学の分野の高度専門技術者・研究者を志向する次のような人を求めます。

  1. 生命現象と科学技術への広い関心・理解を持ち、上記分野の課題解決に意欲を持つ人。
  2. グローバル社会に対応した英語力と学部で学んだ専門的知識・技術を併せ持つ人。
  3. 国際的な視野と倫理観を持ち、高度な専門力の修得により人類社会への貢献を目指す人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

柱となる研究・教育分野は、「動物分子生命工学」、「生殖再生生命工学」、「植物分子生命工学」、「生命環境工学」、「生体機能分子工学」、「食品生命工学」の6分野であり、それぞれに専修科目・関連科目が設けられています。また、最先端の生命工学に関する広範な基礎知識と視野の涵養等に資する共通科目が設けられています。

博士前期課程
  1. 生物工学の幅広い知識と視野を提供する分野横断的講義、企業の専門家によるオムニバス形式の講義、英語コミュニケーション能力と研究発表能力を涵養する講義を、1年次に履修します。また、産業現場との接点の体験、研究者・技術者としての職業倫理の醸成、論文作成に必要な語学スキル向上のための共通選択科目を提供します。
  2. 高度専門技術者・研究者に必要な専門知識・能力の修得のために、6 つの研究教育分野ごとに専修科目ならびに関連科目を履修します。そして、研究指導教員および分野内の複数教員による指導体制の下、特別研究を履修し、課題設定・文献考究・実験解析・議論考察・論文作成の能力を修得します。
博士後期課程
  1. 高度に専門的な研究者養成のための特殊研究科目を提供します。履修者は研究遂行に必要な問題設定・解決能力を修得し、自立した研究者を目指します。
  2. 国際的視野の涵養、国際経験支援、研究管理能力開発のための科目を提供し、海外の先端技術を有する研究機関での研修を履修単位に含めています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

必要な期間の在学、所定単位の修得および課題研究の実施を通じて以下の能力の具備および実績の達成に至った者に課程修了を認定し、それぞれ、修士(工学)および博士(工学)の学位を授与します。修了者には、生物工学への幅広い視野と自身の履修した専門分野に関する深い認識を合わせもち、生物工学の諸技術の利用によって社会及び環境における諸問題を解決しようとする能力、および、生物工学の発展に貢献する能力を有すること、同時に、高い生命倫理観をもって思考し行動する者であることを求めます。

博士前期課程
  1. 専門技術者・研究者としての倫理観、外国語を含むリテラシー、論理的考察力、教養および学際的・国際的視野を備え、産業現場との連携、現代社会の課題解決を志向していること。
  2. 高度専門技術者・研究者にふさわしい専門知識・技術を修得し、実験解析・問題解決能力が涵養され、望ましくは学会等で成果発表の経験を持つこと。
  3. 学位論文を作成し公聴会において発表し、論文内容・プレゼンテーション・質疑応答の面で合格判定されること。
博士後期課程
  1. 自立した研究者・高度専門技術者として、高い倫理観と国際性が涵養され、高度な専門知識・技術に基づいた問題設定能力とその解決能力が修得されていること。
  2. 自立した研究者・高度専門技術者として、国際レベルの研究遂行に必要な高度な専門諸能力を身に付け、その証左として学会等で成果発表の経験を積み、筆頭著者たる査読付き学術英文論文が1報以上あること。
  3. 学位論文を作成し公聴会において発表し、学術的意義・新規性・国際レベルでのプレゼンテーション能力・質疑応答の面で合格と判定されること。

生物理工学研究科 生体システム工学専攻

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

機械、電気電子、情報通信を主柱とする工学分野と医療・福祉工学、健康科学、生活科学を主柱とするライフサイエンス分野を融合させた生体システム工学に関連する学際的教育研究を通じて、博士前期課程では、高齢社会に対応した QOL の向上に貢献できる高度専門的職業人(技術者)の育成を、博士後期課程では、より高度な専門知識と豊かな学識に裏付けされた新奇の知見や技術の創出によって循環型知識基盤社会の発展に貢献できる研究者の育成を目指します。
本専攻では、以下にあげるような人物像を備えた人の入学を受け入れます。

  1. 生体システム工学の研究を行うに足る学士課程(博士前期課程志願者)または修士課程(博士後期課程志願者)における基礎学力および知識を持った上で、学修・研究に対する意欲や語学を含めたコミュニケーション能力を有する人。
  2. 生体システム工学に関する幅広い知識と専門領域における探究心を有し、高度工学技術の修得および研究を通して科学技術の発展に貢献したい人。
  3. 高い倫理観を持つ工学技術者・研究者の観点から生体システム工学分野における諸問題を解決し、同観点から持続可能社会の構築に貢献しようとする人。
  4. 国際的な視野を持ち、国際社会の一員として社会貢献を目指す人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

生体システム工学専攻における中心的な学問分野として、「ナノ・機能材料工学」、「生体医工学」、「情報通信工学」、「人間生活環境工学」、「先進計算科学」の 5 分野群を設定しています。これら 5 分野群から選定した専修科目に加えて、特定の専門分野に偏らない幅広い学際的研究能力、グローバル化、技術者・研究者倫理の涵養を目的とした科目を体系的に履修するコースワークが構築されています。コースワークを基盤として研究・論文作成指導へ有機的に結び付いたカリキュラムを通じて、幅広い視野と高度な専門的知識を有する自立した技術者・研究者の育成を行います。

博士前期課程

1 .[ コースワーク ]

  1. 生体システム工学に関する幅広い総合的・学際的視野を獲得するため、各専門分野群の知識を横断的に学ぶ講義ならびに企業の一線級研究者・技術者を招聘して行う講義を履修します。特に後者は、生物工学専攻との横断的な内容を編成し、学生の専攻分野を超えて幅広く学習して学際的センスを養います。
  2. 国際的な感覚や異文化を理解する能力の涵養によって、グローバル社会で活躍できる人材を育成するための専門領域実践英語を履修します。
  3. 科学技術と社会との関係や社会の安全に関して高い素養を修得するため、知財・技術者倫理に関する科目を履修します。
  4. 修士論文の研究に直接関与する専修科目の履修により、高度な専門的知識・能力を修得すると共に、専修科目が属する専門分野群以外の専門科目を履修して、生体システム工学に関する幅広い知識を修得します。

2 .[ 研究・論文作成指導 ]

  1. 専修科目と対をなした特別研究科目を履修し、学生毎に設定する研究課題に対応した先端的な知識と技術を学びます。また、研究活動の実践に必須である問題設定能力、論理的考察能力および調査・議論して自らの考えを表現する能力も修得し、高度専門技術者として必要な能力や技法を身につけます。
  2. 学生ごとに主指導教員に加え 2 名以上の副指導教員を配置した指導グループを構成してきめ細かい指導を行い、修士論文を完成へと導きます。

博士後期課程

1 .[ コースワーク ]

  1. グローバル社会で活躍できる研究者養成を目的とした科目を履修します。
  2. 高度専門職業人等を経験した社会人入学者は、生体システム工学専攻における学際的な研究成果の一例を体系的に学習し、これらを題材に研究計画の立案・研究手法・論文作成といった研究能力の育成を目的とした科目を履修します。
  3. 特別演習科目の履修により、専修科目の学問分野に配置された複数の特殊研究科目担当教員から博士論文作成の基礎指導を受けます。また、科学技術と社会との関係や社会の安全に関して高い素養を修得するため、研究者倫理と当該分野の知財を学びます。

2 .[ 研究・論文作成指導 ]

  1. 専修科目(特殊研究)を履修し、3 年間で博士論文をまとめるための計画的な論文作成指導を受け、高度な専門的研究能力および問題設定・解決力を修得することで、自立した研究者に必要な能力や技法を身につけます。
  2. 学位の質を保証するため、主指導教員に 2 名程度の副指導教員を加えた研究指導グループを構成してきめ細かい指導を行い、博士論文を完成へと導きます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

生体システム工学専攻・博士前期課程における教育課程を通じて授与する学位に関して、教育の質を保証するため、以下の方針で学位を授与します。

  1. 近畿大学学位規定に定める修了に必要な単位を修得すること。
  2. 修士論文を提出し、公聴会で発表し審査を受け、最終試験に合格すること。修士論文の審査と試験は、複数の審査委員により研究を遂行するのに必要な基礎知識、研究手法、課題解決能力、学術的意義、新規性、社会的貢献度などをもとに行われる。
  3. 査読審査のある学術誌に論文(原著論文、技術報告、速報等)が掲載済または書面で採択決定されているか、国内学会あるいは国際会議において発表を行っていること。

課程修了までに満たしておくべき成果目標を以下に示します。

  1. (専門性)高度な専門知識と幅広い見識を持ち、生体システム工学に関連する企業あるいは研究機関等で高度専門技術者として開発 ・ 研究に対応できる基礎学力・専門学力および問題解決力を兼ね備えること。
  2. (人間性・国際性)生体システム工学分野に関心を持ち、高い倫理性を身につけ、グローバルな視点から多面的に物事を考え行動できる能力を備えること。

博士後期課程

生体システム工学専攻・博士後期課程における教育課程を通じて授与する学位に関して、教育の質を保証するため、以下の方針で学位を授与します。

  1. 近畿大学学位規定に定める修了に必要な単位を修得すること。
  2. 博士論文を提出し、公聴会で発表し審査を受け、最終試験に合格すること。博士論文の審査と試験は、複数の審査委員により研究を遂行するのに必要な高度な専門知識、研究手法、課題発見能力、課題解決能力、学術的意義、新規性、社会的貢献度などをもとに行われる。
  3. 査読制度を持つ国内外の主要論文誌に、自身が筆頭著者である論文1編以上(1 編は英文であることがのぞましい)が掲載済あるいは書面で採択決定されていること。

課程修了までに満たしておくべき成果目標を以下に示します。

  1. (専門性)高度な専門知識と幅広い見識を持ち、生体システム工学に関連する企業あるいは研究機関等で自立した研究者として開発 ・ 研究に対応できる高度な専門的研究能力および問題解決力を兼ね備えること。
  2. (人間性・国際性)生体システム工学分野に関心を持ち、高い倫理性を身につけ、グローバルな視点から多面的に物事を考え行動できる能力を備えること。

生物工学専攻の教育・研究の目的について

生物工学専攻の教育目的

博士前期課程

広い視野に立って精深な学識を授け、生物工学分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的とする。

博士後期課程

生物工学分野の研究者として自立して研究活動を行い、又はその高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。

生物工学専攻の学習・教育目標

生物工学専攻では、植物、動物に微生物を加えた生物機能の原理をその工学的応用を展望しつつ解明するという基礎的研究と応用的研究とを融合した戦略的研究を展開することを使命と考えています。このような理念の上に立って、学部においては別個に進めてきた生物工学、遺伝子工学、および食品安全工学の教育を一本化した教育体制を取っています。生物工学専攻の教育目標の大きな特徴は、広範で高度な専門知識と技術をもつ研究者と 技術者の養成にあります。また、社会人入学、リカレント教育をカリキュラムの中にシステム化し、高度の知識を持ったバイオサイエンス研究者の養成にも力を入れています。

生物工学専攻カリキュラム編成上の特徴

生物工学専攻の柱となる研究・教育分野は、「動物分子生命工学」、「生殖再生生命工学」、「植物分子生命工学」、「生命環境工学」、「生体機能分子工学」、「食品生命工学」の6分野であり、それぞれに専修科目・関連科目が設けられています。また、最先端の生命工学に関する幅広い基礎知識と視野の涵養のための共通科目や、国内外でのインターンシップ、インターフェース分野別専門家特別講義など産業現場との接点の体験、技術者・研究者として国際社会の中でコミュニケーション能力を発揮するための語学スキルの向上、職業倫理の醸成などに資する共通科目も設けられています。

生物工学専攻におけるその他の特色

平成 19-21 年度に文部科学省大学院教育改革支援プログラムに採択され、大学院教育の充実を推進しました。教育・研究の充実だけではなく、経済的支援も含む学生のための研究環境の充実にも配慮がなされています。

生体システム工学専攻の教育・研究の目的について

生体システム工学専攻の教育目的

博士前期課程

広い視野に立って精深な学識を授け、生体システム工学分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする

博士後期課程

生体システム工学分野の研究者として自立して研究活動を行い、又はその高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学意識を養うことを目的とする。

生体システム工学専攻の学習・教育目標

生体システム工学専攻では、機械・電気電子・情報通信工学と医療・福祉工学、健康科学、生活科学を横断する学際的な生体システム工学の教育研究を通して、高齢社会に対応した人間生活の質(QOL)の向上に貢献しうる高度な技術者・研究者の育成を使命として、以下の3つの教育目標を掲げています。

・上記生体システム工学に関する幅広い教育研究を通して、自主的な問題発見分析能力、問題解決能力を身につけた人材を育成します。
・高い技術者倫理を有し、安心で安全なシステム設計およびモノづくりといった生体システム工学に関する技術の確立に貢献できる人材を育成します。
・国際的な視野と教養を有する技術者・研究者となり得る人材を育成します。

生体システム工学専攻カリキュラム編成上の特徴

本専攻の基礎となる計算分子生物学を始めとする生命情報学教育を担うシステム生命科学科、ユニバーサルデザインを始めとする人間生活工学教育を担う人間工学科、人工臓器の開発・管理を始めとする医用工学教育を担う医用工学科の各専門教育分野を分野横断的に包含して、広い視野に立って本専攻分野における研究を遂行し、また高度専門職業を担う能力を育成できるように 5 つの柱(ナノ・機能材料工学、生体医工学、情報通信工学、 人間生活環境工学、先進計算科学)を設けました。そして、それぞれの柱に合致した特色ある専修科目および関連科目を設定し、合理的方法と高い効果で専門科目を修得できるようにしています。

また、インターンシップ、インターフェース分野別専門家特別講義、専門領域実践英語Ⅰ・Ⅱなどを通し、技術者、研究者として国際的学術社会の中でもコミュニケーション能力を発揮できるようカリキュラムの整備も行いました。

生体システム工学専攻におけるその他の特色

「生命」、「医療」、「環境」、「情報」の各分野へ研究成果を還元するために、学術的な側面の充実を図るとともに、産・学・官の連携も重視した研究体制をとることで、社会、地域貢献を実現していきます。

  1. ホーム
  2. 生物理工学部案内
  3. 大学院
  4. 大学院教育方針

ページ上部へ